ボイトレ独学で圧倒的上達!自宅で魅力的な歌声を手に入れる10の方法

初心者でも効果を実感できる!独学で実践するべきボイトレ方法10選のサムネイル
この記事を読むと解決すること
  • 一人でボイトレを始めたけど上達しない
  • 独学でも上達するボイトレ方法を知りたい
  • 独学と音楽教室、自分に合ってるのはどっち?

独学でも好きな曲を歌えるようにしたいけど、何から始めればいいの?

これから10つのボイトレを紹介するよ。自宅で今すぐ始められるボイトレばかりだから、ぜひ実践して理想の声を手に入れよう。

10つのボイトレ方法を集めました

「人前でかっこよく歌いたい」「好きな曲を心地よく歌いたい」という目標を持っているけど、次のような悩みに直面していませんか?

  • 無駄な時間を避けたい
  • 歌の上達方法がわからない
  • 何から始めればいいか分からない

これらの悩みを解消するため、ボイストレーニングは、歌唱力やスピーチの技術を改善できる上、独学で取り組むことでコストも抑えられます。

この記事では、効果的なトレーニング方法を10種類紹介しています。まずは実践しやすいボイトレから始めて、理想の歌声を目指しましょう!

目次

10つのボイトレ方法を集めました

発声練習している男性

多くの方が自宅でボイトレに取り組んでいますが、独学だと正しい方法がわからず、上達が難しいこともあります。

独学でボイトレをすると、正しい方法で練習できているか分からず、ただ時間だけが過ぎていく恐れがあります。独学で練習をしても効果が見えず、「才能がないのでは」と感じることもあるでしょう。

しかし、独学でも上達は可能です。大切なのは、以下の点に注意することです。

  • 正確な情報を集める
  • 適切な量でトレーニングする
  • 専門家の意見を参考にし、見落としている点を改善する

これらのポイントを意識して練習すれば、独学でも効果的にボイトレができます。

今回は、自宅でも実践可能な10種類のボイトレ方法を紹介します。独学で苦しんでいる方は、これらの方法を取り入れて、効果的にボーカルの練習をしてみてください。

これらのボイトレを取り入れることで、より魅力的な歌声を手に入れることができるでしょう。

あなたが実践できそうなボイトレから始めてみよう!

【飲み物】常温の水を選ぶ

難易度
即効性

喉の潤いは歌声に直結しますが、間違った飲み物を選ぶと喉に負担がかかることがあります。

歌唱と飲み物って関係あるの?

カラオケで何気なくオーダーしている飲み物によって思うように歌えなくなることがあるよ。普段から甘い飲み物や炭酸系のジュースを好んで飲んでいない?

  • 透明感のある声を目指す
  • カラオケで上手に歌いたい
  • 歌うと喉がすぐに痛くなる

これらの悩みを解消するために、飲み物選びが重要です。効果的なトレーニングも大切ですが、日々の飲み物も影響を与えます。

特に暑い時期、冷たい飲み物に氷を入れたくなりますが、氷は避けましょう。冷たさが喉の筋肉を緊張させ、高音の発声が難しくなるからです。

トレーニングを重ねることは大切ですが、それにはお金も時間もかかります。カラオケでの歌唱力向上を目指すなら、飲むものにも注意しましょう。

【歌を聴く】歌詞やリズムを記憶する

難易度
即効性

歌いたい曲を繰り返し聴いて、歌詞、リズム、音程を記憶することが大切です。上手な歌唱技術を身につけても、

  • 曲の歌詞
  • リズム
  • 音程

これらを把握しなければ曲を上手に表現することはできません。

ただ曲を聞くのではなく、意識を持って聴くことが重要です。

聞く受動的で自然と耳に入る音を聞くこと。
聴く能動的で目的を持って音に耳を傾けること。

あなたは好きな曲を毎日のように聴いていることでしょう。さらに、「歌詞を覚える」「サビのリズムを覚える」など、目的を持って聴き込んでください。

音楽が好きなら「毎日のように聞いてるよ」という方は多くても、曲をしっかり聴き込んでいる方は少ないです。主に以下の3つを意識して、聴き込んでください。

  • 歌詞
  • 音程
  • テンポ・リズム

日常的に聴いている曲も、目的を持って聴き込むことで、歌詞、音程、リズムの理解を深め、曲の構成を分析しながらトレーニングすることが効果的です。

【腹式呼吸】吐く息を安定させる

難易度
即効性

プロのミュージシャンが使用する美しい歌声の秘訣は「腹式呼吸」にあります。

呼吸法は主に「胸式呼吸」と「腹式呼吸」の2種類がありますが、歌唱には腹式呼吸が適しています。これにより、息を安定させ、美しい声を出すことが可能です。

胸式呼吸日常で多用され、吸う息をコントロールしやすい。胸が膨らむ。
腹式呼吸歌唱時に適し、吐く息を安定させる。お腹が膨らむ。

歌声は吐く息の乗せて歌うので、胸式呼吸を使ってしまうと安定した歌声を出すことができません。腹式呼吸を使うことで、

  • 音程の安定
  • 高い音の発声
  • 大きな声量

が可能になります。美しい歌声を出すためには、この呼吸法を身につけることが重要です。

腹式呼吸を行う際には、まず姿勢が重要です。以下の点をチェックして、腹式呼吸が正しくできているか確認しましょう。

STEP
正しい姿勢を意識する

かかとから後頭部までが一直線になるように姿勢を正す。

STEP
仰向けでの練習

仰向けになって呼吸することで、余計な力が抜け、腹式呼吸がしやすくなります。

STEP
正しい姿勢を意識する

脱力感を保ちながら呼吸することで、自然にお腹を使った呼吸ができるようになります。

腹式呼吸を効果的に行うためには、正しい姿勢が不可欠です。まっすぐな姿勢を意識し、かかとから後頭部までが一直線になるようにします。

また、仰向けに寝て呼吸すると余計な力が抜け、腹式呼吸がしやすくなります。上半身をリラックスさせることで、より自然で効果的な腹式呼吸を実現しましょう。

【発声】体全体を使う

難易度
即効性

ボイトレの基本は、正しい発声技術から始まります。これにより、高い音域でも安定した歌声を出し、声量を増やすことが可能です。

カラオケで歌っているとき、このような悩みはありませんか?

  • 喉が枯れてしまう
  • 喉が痛くなってしまう
  • 音程が不安定になってしまう

という場合、発声方法に問題があるかもしれません。

体を全面的に使った発声法をマスターすれば、音程の正確さや表現力の向上につながり、歌唱に関する多くの問題を解消することが可能です。

ボイトレの基礎から学び、正しい発声の技術を身につけることが重要です。このプロセスを通じて、よりクリアで魅力的な歌声を手に入れることができるでしょう。

【ハミング】音程を取る

難易度
即効性

ハミングは、気分が良い時に歌われる鼻歌のことです。口と鼻の両方から声を出すことで、より美しい歌声を生み出すことができます。

ハミングは「んー」という音を鼻に響かせて楽に発声する方法で、これが美しい歌声の基本となります。普段の声の出し方では喉が枯れたり痛くなったりしやすいです。

歌を歌う際には、普段使わないような音量や高音を出す必要があります。ハミングの練習を行うことで、以下のような効果が期待できます。

  • 正確な音程を取れる
  • 高い声を出しやすくなる
  • 声量が増え、より迫力のある歌声を出せる

このようにハミングを取り入れることで、美しい歌声の基本が身に付き、歌唱力が高まるでしょう。

ハミングは、口を閉じた状態で鼻から声を出す練習法です。これにより、音程に集中し、正確な音程を取る訓練ができます。

ハミングを行うと自然に高い声が出やすくなり、これは高音を出す際に鼻を効果的に使う技術を身に付けることにつながります。

さらに、体内の空間が広がり声が通りやすくなるため、声の響きを良くする練習にもなります。アコースティックギターの音が良く響くのも、このような原理に似ています。

  • 声量が小さい
  • 高音が出にくい
  • 声の響きが足りない

と悩んでいる方にとって、ハミングは非常に効果的な練習方法です。ぜひ、積極的にハミングの練習を取り入れてみてください。

【早口言葉】滑舌を良くする

難易度
即効性

早口言葉を使ったトレーニングは、声優やアナウンサーの訓練としてよく知られていますが、ボイトレにも同様に有効です。

滑舌が悪い場合、その原因は

  • 表情筋が硬い
  • 脱力感の不足
  • 母音の正確な発音ができていない

にあることが多いです。

普段口をあまり動かさずに話すと、表情筋が硬くなり、滑舌が悪化する可能性があります。滑舌を改善するためには、発音の難しい早口言葉を用いたトレーニングが効果的です。

早口で言う必要はなく、一言一句を丁寧に確かめながら正確に発声することが重要です。ゆっくりとしたペースで、正確な発音を心がけて早口言葉を練習することで、滑舌の向上につながります。

よくトレーニングに使われる早口言葉

空白でアクセント置くと発音しやすくなります。始めはゆっくり、一音ずつしっかりと発音しましょう。

  • あめんぼ あかいな あいうえお
  • 赤パジャマ 黄パジャマ 青パジャマ
  • バス ガス 爆発
  • 老 若 男 女
  • 生麦 生米 生卵
  • 隣の客は よく 柿食う 客だ
  • 東京 特許 許可 局
  • 買った 肩たたき 高かった
  • 肩 固かったから 買った 肩 叩き機、肩 叩きにくかった
  • この釘は 引き抜き にくい 釘だ

【ブレス】声質・声量を安定させる

難易度
即効性

ブレスは歌唱中の息継ぎを指し、楽譜では「V」や「'」の記号で示されます。歌っている最中に息苦しさを感じることは、ブレスに関連しています。

ブレスの技術を磨くことで、声の大きさや長さをコントロールし、呼吸のペース配分を上達させることができます。

適切なタイミングでの息継ぎをマスターすることで、歌唱中の声の安定と声量に大きな影響を与え、より表現力豊かな歌声を実現できます。

ブレスが不安定だと、必要な声量や声質が安定せず、歌唱中に息切れや声のブレが起こりがちです。歌唱力を高めるためには、ブレスの安定が非常に重要です。

息が上手くコントロールできなければ、声がフラフラしちゃうよ。

声質と声量を安定させるためには、様々な方法がありますが、深呼吸の練習、声帯ストレッチ、身体のリラックスなどが挙げられます。これらを実践して、呼吸をコントロールし、安定した歌声を手に入れましょう。

ブレスを確認しよう

腹式呼吸を意識して一定の量で息を吐くこと。口や喉が力んでしまうと呼気が乱れやすくなるので、常に脱力感を心がけましょう。

POINT
呼吸法

深呼吸をすることで、声量を増やして声質が安定します。

POINT
声帯ストレッチ

声帯をストレッチすることで声帯を弛緩させ、声質が安定します。

POINT
リラックス

身体の緊張を解き、声質が安定します。

【ロングトーン】声をキレイに伸ばす

難易度
即効性

ロングトーンは、同じ音を長く続ける歌唱テクニックであり、カラオケの採点でも重要視されるほどです。

このテクニックは、低音から高音まで発声できる能力を持っていても、音を長くキレイに伸ばすのに不可欠です。

ロングトーンの練習は

  • 音程の安定
  • 息のコントロール
  • 声の質の向上

に役立ち、息切れを防ぐ効果もあります。正しいタイミングで息を吸い、適切な速度で吐く練習をすることで、歌唱時のパフォーマンスが向上します。

また、同じ音を継続的に長く保つロングトーンの練習により、音程を維持する能力が強化され、より正確な音程を出す感覚が養われます。

喉をリラックスさせて声を出すことも大切で、これにより無理なく声を伸ばす力が身につき、歌声がクリアで美しく変化します。

ロングトーンは発声の基本であり、これをマスターすることで他の発声テクニックも容易に習得できます。定期的な練習で、美しいロングトーンを実現しましょう。

発音する際に声をキレイに伸ばすコツ

声量は小さくても大丈夫なので、一定の量で息を吐き続けること。大きく息を吸ったら10秒→15秒→20秒のように、息を吐き続ける時間を少しずつ伸ばしましょう。

STEP
深呼吸をする

深く息を吸い、胸とお腹に空気を溜めます。この時、肩はリラックスさせておきましょう。

STEP
息をゆっくり吐き出す

ゆっくりと息を吐きながら声を出します。喉を開いて、自然に声が出るのを感じてください。

STEP
舌の位置を意識する

発声する言葉によって舌の位置を変えます。舌の先を上顎や下顎につけて、正確な発音を意識しましょう。

STEP
練習の継続

声を出す練習を定期的に行い、質と量を大事にしてください。日々の努力を積み重ね、美しいロングトーンを目指しましょう。

【リップロール】唇をブルブルして振動させる

難易度
即効性

リップロールは、「プルルル…」と唇を震わせながら行う発声トレーニングです。

ウォーミングアップとしても効果的。練習前や本番前にリップロールを行うことで、喉や唇の筋肉をほぐし、発声に適した状態になります。

この練習のメリットは次の通りです。

リップロールの効果
  • 喉のリラックス
  • 音程と音質の安定
  • 高音の発声が容易に

喉のリラックス

表情筋、唇、喉をリラックスさせることは、安定した音程と最高のパフォーマンスを実現するために重要です。

リップロールは、唇を震わせて音を出す方法で、喉に過度の負担をかけずに歌声を出すことができるため、歌唱時の緊張を緩和し、自然な声を出しやすくします。

この方法は、歌唱スキルを向上させるための有効な手段となります。

音程と音質の安定

体が力んでしまうと高い音を出すのが難しくなりますが、リップロールを行いながら発声することで脱力が促され、地声から裏声へスムーズに移行することが可能になります。

この練習は、音域の高低を繋ぐ感覚を養い、ミックスボイスのトレーニングにも有効。ミックスボイスを使うことで高音の発声が容易になり、歌唱時のパフォーマンスが向上します。

  • ミックスボイスとは地声と裏声の中間の声質のこと。

高音の発声が容易に

リップロールは発声のバランスを整える効果があります。

この練習をすることで、声帯の緊張が緩和され、喉や口腔の筋肉が適切に動くようになります。その結果、音程や音質が安定し、より豊かな表現力を持った歌唱が可能になるでしょう

リップロールは、安定した声を出すための重要なトレーニング方法の一つです。

【裏声】高音域を歌う

難易度
即効性

カラオケでよく使われる裏声には3種類があります。それぞれの特徴を理解し、使い分けることで高音域のフレーズを歌いこなすことができます。

ファルセット音量が小さく、息が口から漏れるタイプ。裏声の中でも最も一般的。
ヘッドボイスオペラやミュージカルで聞かれるような、力強く響く声。息漏れが少ない。
ミックスボイス地声と裏声の特徴を兼ね合わせた声質で、多様な音域での歌唱に適している。

高音を出すためのボイトレでは、以下の3つのポイントに注意しましょう。

  • 上向きがちな人は前を見て、姿勢を正す
  • 軽くおじぎして、腹式呼吸で吸った空気を出やすくする
  • 深呼吸して、たくさんの空気を吸い込む

これらのポイントは、特に最近のJ-POPのような高音域が多い曲を歌う際に有効です。3種類の裏声を上手に使い分けることで、高音域のフレーズも快適に歌いこなすことができます。

地声と3種類の裏声を使い分けて、歌の表現力を上げましょう!

独学のボイトレで挫折しそうなら音楽教室も検討しよう

考えている男性

これまでに紹介した10つのボイトレ方法は、多忙な生活や忙しいスケジュールの中でも気軽に始められるものばかりです。

独学でも上手くなるなら音楽教室に通う必要ないよね?

ボイトレは独学でも始められるけど上達には限界があるよ。

ボイトレを始めるにあたって、始めの決断は「独学で始めるか、それとも音楽教室に通うか」ではないでしょうか。

どっちが効果的なのか、自分に合うのはどっちなのか、以下の比較表をチェックして考えてみましょう。


独学

音楽教室
コスト
自由度
継続
環境
成長

独学のメリットは仕事しながら空いた時間に練習できるため、自由度が高くて無理なく続けられます。その一方、時間や場所の制限がないため、モチベーションの維持が難しいです。

音楽教室は毎月の費用がかかってしまいますが、プロの講師によるマンツーマンで客観的に問題点を把握して改善できます。このフィードバックは成長スピードを加速させてくれます。

音楽教室によってはオンラインで受講できるため、自宅からボイトレをすることも可能です。

  • 地方在住で校舎から離れている
  • 場所に縛られたくない
  • 交通費をかけたくない

という方には魅力ですよね。

身の上話が少し長くなりますが、私がボイトレを始めたことについて、少し話させてください。

新社会人だった私は、好きな曲を存分に歌いたいという思いから、2年半にわたりシアーミュージックでトレーニングを受けました。当時は資金面で苦労していたため、始めは独学でボイトレを試みました。

当時は金欠気味だったので、独学からボイトレを始めました。

  • ボイトレの参考書を読む
  • YouTubeで発声練習の方法を学ぶ
  • 一人カラオケでお気に入りの曲を何度も練習する

カラオケでの精密採点を使い、80点から徐々に85点へと成績が上がるまで、じっくりとスキルを磨きました。

しかし、カラオケのスコアが90点に達する直前で進歩が止まってしまいました。自己流で原因を探りながら同じ曲を繰り返し歌っても、スコアは向上せず、しばしば落ち込んでいました。

歌い続けているのになかなか上達せず、よく落ち込んでいました。

独学のボイトレには限界を感じ、近くの音楽教室「シアーミュージック」での無料体験レッスンを試みました。

楽譜も読めない初心者でしたが、30分のレッスンは充実したもので、プロの講師から丁寧な指導を受け、楽しい時間を過ごしました。

嫌な現実から忘れて音楽を楽しんでいたことに驚きを感じて、迷いもなく音楽教室に通うことを決めたよ。

シアーミュージックは、全国に100校舎以上を展開しており、お住まいの近くにも校舎があるかもしれません。

興味がある方は、シアーミュージックの公式サイトをチェックして、最寄りの校舎情報やレッスンの詳細を確認してみましょう。

あなたが独学でボイトレを続けている途中で、

  • どこに問題があるのか分からない
  • 独学でボイトレしても成長を感じない
  • 気分に左右されてボイトレを継続できない

といった悩みに直面しているなら、音楽教室に通うことも検討してください。

大手音楽教室では無料体験レッスンが提供されており、入会前の不安や疑問を解消する良い機会です。以下の音楽教室が無料体験を実施しています。

興味がある場合は、まずは無料体験レッスンを試してみることをお勧めします。プロ講師のレッスンは、これまでの悩みを解消する貴重な体験になる可能性が高いです。

もし体験レッスンで満足できなければ、入会を見送り、他の教室も検討するのが良いでしょう。勧誘が強引な場合は他を当たることを推奨します。

音楽教室の詳細や料金については、以下の関連記事も参照して、最適な教室を見つけてくださいね。

独学のボイトレに必要なこと

この記事で紹介された10のボイトレ方法は、自宅で手軽に実践できるものばかりです。

以前は音楽教室への通学が主な学習手段でしたが、現在はインターネットを通じていつでも様々なボイトレ技術を学べる時代になりました。

先人たちの知恵を見るだけではなく、しっかり盗んで正しい発声法で練習を重ねることであなたの歌声に変化が生まれます。

この記事を読み進めたあなたは、きっと「もっと上手に歌いたい」という強い願望を持っていることでしょう。その情熱は素晴らしいことです。

  • 友達同士のカラオケで好きな曲をかっこよく歌いたい
  • 仕事の二次会のカラオケで相手を気持ちよくさせたい
  • あらゆる人間関係で自分の声に自信を持てるようになりたい

想いは強ければ強いほど行動への反映率は上がり、いつまでもモチベーションを保ち続けることができます。

歌に対する熱意を忘れずに、練習を続けてください。努力と情熱があれば、夢が手に届く場所まで連れて行ってくれるでしょう。

あなたは思い通りに歌えるようになって何を叶えたいですか?

ボイトレを独学から始める方はモチベーションの維持が難しいので、時間が経つほど薄れていく「気持ち」をしっかり持ち続けることが大切です。

しっかり継続していきたい方は、音楽教室のレッスンを検討しましょう。歌を上達するための環境が整っているので、否が応でもモチベーションを保つことができます。

プロ講師たちは問題の乗り越え方、正しい練習方法を熟知しています。先人の知恵を借りることで、あなたの歌声がみるみる変化するでしょう。

これからあなたがやることは明確、ボイトレを始めることです!

まずは独学からボイトレを始め、歌の上達に限界を感じたら音楽教室を検討してみてくださいね。

  • URLをコピーしました!
目次