【モテる話し方の極意】口下手でも大丈夫!男性のためのコミュニケーション術

【モテる話し方の極意】口下手でも大丈夫!男性のためのコミュニケーション術
この記事を読むと解決すること
  • ただ純粋に女性にモテたい
  • 魅力的な話し方を身に付けたい
  • モテる話し方を磨く方法が知りたい

気になる女性に話しかけて仲良くなりたいけど、コミュ障だからいつも諦めてる・・・

モテる男性は、女性はもちろん、老若男女問わずに好感を持てる話し方ができるよ!モテる男性になるための第一歩を、あなたも始めよう!

口下手でも大丈夫!モテる男の話し方テクニック公開

あなたの周囲には、容姿やステータスが特別優れているわけでもないのになぜかモテる男性はいませんか?

人の魅力は容姿や収入だけではなく、

  • 話し方
  • 立ち振る舞い
  • 人とのかかわり方

にも大きく影響します。

今回は、相手を引き付ける話し方のテクニックを紹介します。口下手で異性と話すのが苦手な男性でもできることばかりなので、ぜひ今日から実践してみてくださいね。

目次

モテる話し方を身につけよう!

楽しく会話をする男女グループ

モテるためにできることはたくさんありますが、そのなかでも見落としがちなのが話し方です。話し方は、人との関係を築く際に大きな影響を与えます。

魅力的な話し方ができる人はモテるだけでなく、

  • 家族や友人と仲を深める
  • 成約率が格段にアップする
  • 上司や同僚と良好な関係を築ける

などの恩恵を得やすい傾向にあります。

初めて話す人に対しては、外見の特徴以上に話し方が大きな第一印象となるケースもあるでしょう。

ゆっくり話す人はマイペースな印象を与え、話すスピードが早い人はせっかちな印象を与えます。第一印象はその後の人間関係の形成にも大きく関係します。

モテる話し方が身に付けば、外見に自信がない、異性の前では緊張してしまうという人でも、印象をよくして高感度を高めることが可能です。

モテる男性の特徴ランキングTOP5

ランキング

モテる男性の話し方に共通する特徴を5つ紹介します。

周囲に、特別かっこいいわけでも、収入が高いわけでもないのにモテている男性はいませんか?

そのような人をよく観察すると、以下の特徴を持っている可能性が高いです。モテる話し方を習得するには、実際にモテる人の話し方を観察して取り入れることもおすすめですよ。

モテる男性の特徴ランキングTOP5
  1. コミュ力が高い・話したくなる
  2. 皆に優しく、清潔感がある
  3. 変化に気づく・空気を読める
  4. 余裕や色気がある
  5. 適度な隙があり、放っておけない

【1位】コミュ力が高い・話したくなる

モテる男性はコミュ力が高く、もっと話したくなるのが特徴です。「この人ともっと話してみたい」と思わせることができれば、その後の会話も弾み、距離を一気に縮めやすくなります。

コミュニケーション能力が高く、さまざまな人と円滑に話せる人は人脈も広がりやすく、より多くの異性と関わる機会も増えます。

印象がよければ、「この人になら紹介しても大丈夫」と思ってもらえて、紹介から異性との関係が広がるケースもあるでしょう。

コミュ力が高い、話しやすいと言われてもピンとこない人は、なんとなく話しやすいと感じる人の話すペースや話し方を観察してみましょう。

  • 自分が話すペースに合わせてくれる
  • 表情が豊かであいづちのタイミングがいい
  • 知識が豊富でどんな話も楽しんでくれる

などの特徴があるはずです。

話しやすい相手と話しているとつい自分のペースで話してしまいがちですが、一度「この人と話しやすいのはなぜだろう?」と考えながら話してみることもおすすめです。

【2位】皆に優しく、清潔感がある

皆に平等に優しく、清潔感があることもモテる人の特徴です。皆に優しい人は安心して話しやすく、外見に自信がなくても清潔感があるだけで印象は大きく変わります。

異性にモテたいからといって女性にばかり優しくしたり、気になる相手だけに態度を変えたりしていませんか?

人によって態度を変えると、かえって下心が見えて気持ち悪がられたり、女性なら誰でもいいのかな?と思われたりする可能性があります。

モテたい気持ちが強すぎると、無意識に人によって態度を変えてしまうこともあるので、今一度自分の態度を見つめなおしてみましょう。

また、清潔感を意識することも大切です。

  • シワのないシャツを着る
  • 靴を頻繁に磨く
  • 爪や髪など細部にも気を配る

など、簡単にできることはたくさんあります。

おしゃれにはお金がかかる…と心配しすぎる必要はありません。シンプルで安価なアイテムでも、丁寧に手入れされたものを身に着ければ、清潔感を演出することはできますよ。

【3位】変化に気づく・空気を読める

相手の変化に気づけるだけでなく、周囲の空気を読める人も、モテる人といえます。

髪型、メイク、服装などの相手の変化に敏感になるには、自分本位に話すだけでなく相手をよく観察しながら話す必要があります。

観察といっても、じろじろ見るのではなく、

  • 相手の目を見て話す
  • 相手の話している内容をよく聞く
  • 適切な返事をする

ことが大切です。

相手としっかり会話のキャッチボールをすることで、自然と相手の変化にも気づきやすくなります。相手の変化に気づき褒めれば、相手も「自分を気にかけてくれている」と感じ、高感度アップです!

ただし、女性の外見の変化をわざわざ指摘することは、不快感を与える可能性もあります。大切なのは空気を読み、相手との距離感を見誤らないことです。

自分と相手の関係はどれくらいなのか、職場の上下関係によって相手が気を使っている可能性はないかなどをよく考え、適切な言葉を選びましょう。

【4位】余裕や色気がある

余裕や色気は、モテる人の大きな特徴です。話し方やしぐさが堂々としていて余裕を感じられると、大人っぽくて頼れる人と思ってもらいやすいでしょう。

異性と話すときは緊張してつい早口になってしまう、声がうわずってしまうという方もいますが、落ち着いて、低い声でゆっくり話すことを意識しましょう。

モテたいからといってところ構わず異性に声をかけたり、同性にも異性の話ばかりをしたりする人は余裕が感じられず、モテたくて必死な人と思われてしまいます。

一緒にいて居心地がいいと感じてもらえるように、余裕のある態度を身につけましょう。色気を出そうと思って出すのは難しいですが、色気を感じる男性の特徴をよく観察してみることもおすすめです。

清潔感があることはもちろん、

  • 話し方に知性が感じられる
  • すべての人に対して誠実に接する
  • プライベートも仕事も前向きに自分らしく楽しんでいる

などの特徴があります。

外見や服装で色気を演出しようとするのではなく、態度や振る舞いから色気を出す方法も考えてみてくださいね。

【5位】適度な隙があり、放っておけない

完璧な男性よりも、適度に隙があり、放っておけない男性の方が、異性からモテやすい傾向にあります。

隙を感じられると話しかけやすくなり、親しみを感じられるようになります。手を貸してあげたい、構いたくなるような雰囲気も、異性との距離を縮めるために役立ってくれるでしょう。

男性からすると、完璧で隙がないほうがかっこよくてモテるように感じるかもしれませんが、そうではない可能性もあります。

周囲の完璧ではないのになぜかモテている男性の特徴をチェックしてみましょう。

  • 天然な一面がある
  • 少し幼い一面がある
  • 失敗を笑い話にできる

などの男性には親しみやすさを感じられますよね。隙があって放っておけない男性は、異性からだけでなく同性からも人気があることも多いです。

誰に対しても男女分け隔てなく友だちのように接しており、相手からもつい突っ込んでしまう、気にかけてしまうと感じられる人は、さまざまな人から好かれるでしょう。

上記の結果はお悩み解決メディアfamicoが女性100人にアンケートを取った、モテる男性の特徴の調査を参考にしています。

女性を引き付ける話し方のテクニック

POINT

具体的な女性を引き付ける話し方のテクニックを解説します。

話し方は人に与える印象を大きく変えます。以下の話し方を積極的に取り入れて、モテる男性を目指しましょう。

女性を引き付ける話し方
  • さりげなく名前を言う
  • 「ど」から始める質問をする
  • 相手の価値を称賛する
  • 話し相手に共感する
  • 相手が関心を持っている話題で話す

さりげなく名前を言う

会話のなかでさりげなく相手の名前を呼ぶことは、心理学的にもいい効果があります。「ネームコーリング」と呼ばれるテクニックで、相手から自分に対する好感度を上げるために役立ちます。

相手の名前を頻繁に会話に盛り込むことで心理的に警戒心がやわらぎ、心を許して話せるようになるでしょう。

ただし、距離感を掴めないまま相手の名前を呼び捨てにしたり、いきなり下の名前で呼んだりすると、かえって警戒されてしまう可能性があります。

会ったばかりの相手や会社の同僚などに対しては、苗字+さんづけで呼ぶなど、距離感を大切にしましょう。

名前の呼び方を意識しなくても、普段呼んでいる呼び方で、名前を呼ぶ回数を増やすだけでも十分に効果はありますよ。

会話事例

おはようございます

〇〇さん、おはようございます!今日もがんばりましょうね

「ど」から始める質問をする

質問をする際は「ど」から始まる質問をするように意識してみましょう。

質問をすることで会話が進みやすくなり、相手のこともよく知れます。質問は会話の基本的なテクニックですが、「ど」から始まる質問を意識するだけでさらに相手も自分のことを話しやすくなりますよ。

「ど」から始まる質問とは、

  • What(どう)
  • Who(どの)
  • When(どんなとき)
  • Where(どこに)
  • Why(どうして)
  • Which(どれ)
  • How(どうやって)

のことで、相手に自由に答えさせる話し方を言います。

国語や英語の授業で「5W1H」「6W1H」などの基本を学んだことを思い出してみましょう。

「昨日のミーティングは大変でしたか?」と質問すると、相手の返事は「はい」か「いいえ」のみになってしまい、会話が続きません。相手も話したいことを言い出せなくなってしまいます。

そこで「昨日のミーティングはどうでしたか?」と質問すれば、「取引先に提案が受け入れられました!」など、会話が広がりやすくなりますよ。

会話事例

昨日のミーティングはどうでしたか?

資料の作成がギリギリになって大変だったんです!

相手の価値を称賛する

相手の価値を称賛し、適度に褒めることは、信頼関係の向上にも役立ちます。

褒められると「きちんと私のことを見てくれている」と感じられ、さらにもっと褒められるようにがんばりたい!と思えます。

相手との関係にもよりますが、不自然に褒めすぎるとかえって不信感を抱かれてしまうため、適度に褒めるようにしましょう。

「愛情表現や信頼しているという気持ちは態度で示す」という考え方もありますが、きちんと言葉にしなければ伝わらないこともたくさんあります。

相手の変化や成長には敏感に気づくようにして、今以上に相手を褒めることを意識してみましょう。女性の外見を褒めることは、関係性によってはセクハラだと思われてしまうこともあります。

職場で異性を褒めるのであれば「この資料よくできていますね」「今日のプレゼンは以前より分かりやすくなっていてよかった」など、仕事ぶりや相手の成長を褒めてみてくださいね!

会話事例

この資料よくできていたから、取引先との打ち合わせもスムーズに行ったよ!

お役に立てて嬉しいです!

話し相手に共感する

相手の話を否定せず、共感することも、モテるためのテクニックの一つです。

相手が話をしているときは、具体的な解決策を求めている場合以外は、共感してほしい、自分のことを知ってほしいと思っているケースがほとんどです。

相手が話していることと自分の考えが違っていたとしても、まずは共感することを意識してみてください。

心理カウンセリングの手法も、以下の3つが基本とされています。

  • 共感
  • 傾聴
  • 受容

カウンセラーはこの3つを意識して話を聞き、クライアントの話を聞き出しやすくして、悩みを解決に導きます。

カウンセリングのテクニックを身に着けるのは大変ですが、3つのポイントを意識するだけなら簡単にできますよね。

「わかるよ」「大変だったんだね」など、相手の気持ちに寄り添うことで「自分の話をよく聞いてくれている」「私の気持ちをわかってくれる」と感じてもらえて、距離感を縮められます。

会話事例

昨日資料の作成が終わらなくて残業したんです

残業?大変だったんだね。資料の仕上がりはどうだった?

相手が関心を持っている話題で話す

相手が関心を持っている話題を意識的に話すことで、相手が話しやすくなります。

相手の好きなアーティストや趣味を知っているのであれば、その話題を中心に話を進めましょう。自分の関心がある話なら、積極的に話しやすく、楽しみながら会話を続けられます。

その話題を振ることで「以前話した内容を覚えてくれている」「私の好きなものに興味を持ってくれている」と思ってもらうこともでき、好感度、信頼感も高まることでしょう。

話し上手になるためには自分が積極的に話さなければならないと思っている方も多いですが、話し上手な人は聞き上手な人が多いです。

相手が話したい話題を提供し、適切にあいづちを打つことで、難しいテクニックを駆使しなくてもスムーズにテンポよく会話を続けられますよ。

会話事例

この前話していたアーティストのコンサートはどうでしたか?

とても楽しかったです!いい座席が取れたのですごく近くで見られたんですよ。

モテる話し方を身につけるための練習方法

アップしているイメージ

モテる話し方のテクニックは多数ありますが、いきなり身に付くものではありません。コツコツ練習を続けることで、魅力的な話し方ができるようになりますよ。

モテる話し方を身に着けるための練習方法を紹介するので、ぜひ日々の会話の参考にしてみてくださいね。

モテる話し方を磨く練習方法
  • 話し方のビジネス本を読む
  • モテる男性にアドバイスしてもらう
  • 話し方教室のレッスンを受ける

話し方のビジネス本を読む

話し方に関するビジネス本は多数出版されています。

ビジネス向けの書籍が多いですが、いずれもコミュニケーション能力を高めるために必要な知識が詰まっており、モテるために話し方のテクニックを身に着けたい方にも最適です。

話し方の基本的なポイントから具体例、心理的効果などを詳しく解説してくれている書籍を読めば、理屈をしっかり理解したうえで話し方のテクニックを身に着けられるでしょう。

書店のビジネス書のコーナーや教養のコーナーなどには、話し方に関する書籍が多数並んでいます。読みやすいと感じるものや、自分の悩みを解決してくれそうなものを選び、読んでみましょう。

以下の書籍は、人間関係を良好にするための話し方のテクニックが多数掲載されています。ベストセラーで多くの口コミも投稿されているので、自分に合いそうな一冊がないかチェックしてみてくださいね。

人間関係を良好にする話し方のビジネス本

著者:永松茂久
¥1,540 (2024/02/27 15:22時点 | 楽天市場調べ)
著者:水野 敬也
¥1,540 (2024/02/26 01:40時点 | 楽天市場調べ)

モテる男性にアドバイスしてもらう

モテる話し方を身に着けたいのであれば、実際にモテている男性にアドバイスをもらうこともおすすめです。

外見が優れている男性に相談すれば、清潔感を出すために意識していることや、おすすめのファッションアイテム、アパレルブランドなどを教えてもらえます。

外見が優れているわけではないのになぜかモテる男性に相談すれば、異性と接するときに意識していることや、話し方のテクニックなどを具体的に教えてもらえるでしょう。

話し方が優れている人は、無意識にモテる話し方をしている人もいます。そのような人に相談しても具体的なアドバイスをもらうのは難しいですが、

  • 一緒に話す時間を増やす
  • 身だしなみや髪型、服装を見る
  • どんな話し方をしているのか身をもって学ぶ

こともおすすめです。

「女性を引き付ける話し方のテクニック」で解説した、「ど」から始まる質問や、さりげなく相手の名前を呼ぶなどのテクニックを実際に取り入れている方も多いです。

また、話し方のテクニック以前に、ゆっくりと堂々とした話し方で安定感がある、話す内容が論理的でわかりやすいなどの特徴を持っている可能性もあります。

身近にアドバイスしてもらう相手がいない場合、ココナラで恋愛相談に乗ってもらう方法もあるので、諦めずにモテる男性を目指しましょう!

話し方教室のレッスンを受ける

話し方教室でレッスンを受ければ、スピーディーにモテる話し方をマスターできます。

書籍で読んだり、日常会話で実践したりするだけでは、話し方のテクニックが身に付くまでに時間がかかります。

話し方教室なら、実践とフィードバックを繰り返しながら、効率的に話し方のテクニックを自然に実践できるようになりますよ。

話し方教室では、プロのアナウンサーや司会者、心理カウンセリングの有資格者などが、人とのコミュニケーションを円滑にするためのテクニックを指導してくれます。

客観的に自分の話し方を見てもらうことで、自分では気づかなかった短所や長所を見つけることもできるでしょう。

小手先のテクニックだけではない、

  • ハキハキ大きな声で話すこと
  • ゆっくりと落ち着いて話すこと
  • 相手の性格や場面で適した話し方

など、基本的なポイントが身に付けば、聞き手からの印象を大きく変えられるでしょう。

以下の記事では、話し方教室のなかでも人気の教室を紹介しています。無料体験やオンラインでの受講ができる話し方教室も多数あるので、自分に合うクラスを探してみてくださいね。

話し方に関する注意点

必死に止める男性

モテる話し方を習得する方法はたくさんありますが、やみくもにさまざまなテクニックを取り入れると逆効果になる可能性もあります。

  • 初対面なのにあだ名で呼ぶ
  • なんでも相手の意見を肯定する
  • 無理をして異性に積極的に話しかける

などの話し方は、かえって距離を置かれてしまうでしょう。自分の話し方のテクニックを身に着けることは大切ですが、相手との距離感を意識することも大切ですね。

たとえば、会社の上司と部下では、自然に部下が上司に気を使う形になります。話を合わせてもらっているだけ、付き合ってくれているだけの可能性もあるでしょう。

相手との関係を適切に見極めて、誠実に対応すれば、距離感を見誤ることなく関係を深めやすくなります。

話を盛り上げようとして

  • 人をいじる
  • お笑い芸人のように自虐する
  • 相手の外見の特徴を指摘する

などの行為は、人によっては返答に困ってしまう、傷ついてしまう可能性もあります。

盛り上げ上手な人の話し方を参考にすることもおすすめですが、まずは基本的なテクニックを身に着けることから始めましょう。

モテる話し方は後天的に身につけられる!

二人で会話する男女ペア

モテる男性の特徴や、モテるための話し方のテクニック、練習方法を紹介しました。自分は容姿が優れていないから、女性経験が少ないからと、モテることを諦めていませんか?

女性からモテるかどうかは外見や恋愛経験だけでなく、話し方や立ち振る舞いも大きく影響します。話し方を変えて自分の立ち振る舞いを改めることで、相手からの印象を変えられるでしょう。

モテる男性に共通する話し方はさまざまですが、今回紹介したテクニックもぜひ取り入れてみてくださいね。

また、以下のような話し方教室では無料体験レッスンを実施されています。

無料体験が実施されている話し方教室

客観的に自分の話し方を指導してもらいたい、スピーディーに話し方を改善したい方は、話し方教室のトレーニングでコミュ力を磨くことも検討してくださいね。

無料体験やオンライン講座を活用して、モテる話し方を身につけましょう!

【Q&A】モテる話し方に関する疑問・質問

Q&A

モテる話し方に関するよくある質問と回答を紹介します。

本当にモテる話し方が身に付くかわからない、話し方を変えるだけでモテるかどうか自信がない…という方は、以下の質問と回答もチェックしてみてくださいね。

モテる話し方で一番大切なことは何でしょう?

モテる話し方で一番大切なことは、相手の話をよく聞くことです。

相手の話を聞くことで相手をより理解できることはもちろん、「自分の話を聞いてくれている」と感じてもらえて、信頼関係を築けます。

モテる話し方には、今回紹介したようなさまざまなテクニックがありますが、ただテクニックを駆使するだけでなく、相手の話にしっかり耳を傾けることも大切です。

あれこれとテクニックを会話に盛り込むのは難しいと感じている方も、まずは相手の目を見て話をしっかり聞くことから始めましょう。

容姿が整っていないとモテないのでしょうか?

モテる男性と聞くと、容姿が整っている人というイメージを持つ方も多いですが、なかには外見が優れているわけではないのにモテている男性も多くいます。

今回紹介したように、話し方をしっかりマスターすることで相手からの印象をよくすることは可能です。「この人とは話しやすい」と思ってもらえれば、異性との距離も縮めやすくなるでしょう。

また、モテる男性は清潔感があるという特徴もあります。外見が整っていなくても、清潔感があれば印象をよくしてモテることは可能です。

服装や持ち物を整える、髪型や爪を整える、スキンケアをするなど、できることから始めましょう。

モテる話し方は独学でも身につくの?

モテる話し方は、独学でも身に着けることが可能です。

本記事では、モテる男性の特徴や話し方のテクニック、練習方法を多数紹介しました。これらを会話に自然に盛り込めれば、話し方からモテる男性を目指すことは可能です。

ただし、独学では自分の話し方のクセを見つけにくかったり、間違った知識をそのまま実践したりしてしまう可能性があります。

書籍や動画などから学んでもなかなか上達したことを実感できない方は、以下の話し方教室から無料体験を利用して具体的なアドバイスをもらうこともおすすめです。

  • URLをコピーしました!
目次