理解力がない人の特徴は?辛い悩みを解消するコミュニケーションガイド

【理解力がなくて辛い】スムーズなコミュニケーションを手に入れるための究極ガイド
この記事を読むと解決すること
  • 会話を途切れず、スムーズに会話したい
  • ストレスのないコミュニケーションを身に付けたい
  • 問題が起きたとき、根本原因を見つけ出せるようになりたい

上司や同僚とのコミュニケーションが苦手で、チームのミーティングやプレゼンテーションに常にストレスを感じるよ…

本記事では、自信を持って自分の意見を伝えることができ、他人の意見を理解し尊重することを目的にしているよ。自己評価を上げて、仕事だけでなくプライベートでも人間関係を豊かにしましょう!

辛さ解消!理解力でコミュニケーション改革

コミュニケーションは、自分が発言するだけでなく相手の発言を理解する能力も必要です。仕事やプライベートで会話がかみ合わないと、

  • 誤解や勘違いが起きる
  • 相手との関係が悪化する
  • 業務やタスクのミスが発生する

など、このような弊害が起こってしまいます。自分の理解力のなさに落ち込んだ経験がある方も多いのではないでしょうか。

本記事では、コミュニケーションにおいて大切な理解力を高めるための方法やおすすめの書籍、話し方教室を紹介します。

理解力を高めてよりスムーズなコミュニケーションをしたい方は、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

目次

理解力とは何か

理解力とは?

理解力とは、物事を客観的に把握したうえで、自分がどう行動すべきかを判断する能力のことです。人生のさまざまなシーンで理解力は大切です。

コミュニケーションでの理解力は、相手の発言の内容だけでなく、感情や意図まで把握することを含みます。

理解力が高いと、相手の細かな言葉も正確に記憶できるため、対話がよりスムーズになります。

とくにビジネスの現場では、理解力の高さが大きなアドバンテージになることも。簡潔な表現でも相手の意図を正確に捉え、迅速かつ適切な対応が可能になり、仕事の効率化に貢献するでしょう。

反対に理解力がなければ、成功するための判断や臨機応変な対応ができなくなってしまいます。ビジネスにおいては、

  • 同僚と仲を深められない
  • 上司の指示どおりに動けない
  • 部下に適切な指示ができない

などの問題が発生し、さらに取引先や顧客と円滑にやり取りを進められないことも起こりえます。

なぜ理解力が必要なのか

物事を理解するまでの図

理解力は、ビジネスを円滑に進めるために重要です。ビジネスには専門的な能力やスキル、実績が大切ですが、人とのやり取りにおけるコミュニケーションも避けては通れません。

同僚、上司、部下といった社内のコミュニケーションだけでなく、取引先や顧客ともやり取りをするシーンは多数あります。

このときに相手の発言を適切に理解できていなければ、

  • 相手を怒らせてしまう
  • ストレスを与えてしまう
  • 相手に負担をかけたりしてしまう
  • やり取りに余計な手間がかかってしまう

こともあるでしょう。

理解力は、発言を正しく理解して適切な行動を取るために必要ですが、そのほかにも相手の感情を適切に理解するためにも大切です。

ビジネスシーンでも相手の感情を読み取って、適切な判断をしなければならない場面はあります。相手をサポートしたり、適切な提案をしたりできれば、ビジネスにおいても成功に近づけるでしょう。

理解力がない人の特徴とは

悩んでいる男性

きちんと発言しているつもりなのにコミュニケーションがうまく取れない方は、理解力がない可能性があります。

理解力がない人の特徴を5つ紹介するので、自分に当てはまる点がないか考えてみましょう。

理解力がない人の特徴
  • 反応が遅い
  • よく聞かない
  • 他人の意見を尊重しない
  • 顔色や態度を見ない
  • 思い込みや偏見が多い

反応が遅い

相手の発言に対して反応が遅い人は、理解力が低い傾向にあります。

相手が何を言っているのか、何を考えているのかを理解するのに時間がかかるため、どうしても反応が遅くなってしまいます。

反応が遅いと、次のような問題が生じる可能性があります。

  • 会話がテンポ良く進まず、相手に違和感を与える
  • 自分の理解する過程で内容を誤解し、適切でない反応をしてしまう
  • 複数人の会話では、会話の流れが止まってしまう
  • 不適切なタイミングで返答をすることになる

ビジネスシーンにおいては会議やプレゼンなどで意見を求められたとき、困ってしまうでしょう。

近年はリモート会議も頻繁に行われるようになりましたが、リモート会議では電波の状況によって相手の発言が聞こえにくく余計に時間がかかるケースもあります。

よく聞かない

相手の話をよく聞かずに発言してしまう人も、理解力がない可能性が高いです。

  • 何を考えているのか
  • 相手が何を言いたいのか
  • どのような感情でいるのか

を適切に理解できなければ、正しい反応ができません。

相手が話をしかけているのに勝手に相手の言いたいことを判断して発言すると、会話がかみ合いません。また、自分の話にすり替えて自分が一方的に話をすることもNGです。

たとえば、部下が相談したいことがあるのに関係ない自分の仕事の話をする、営業先の悩みを適切に判断できず最適な商品を提案できないなどの問題があります。

とくに日本人は、本音と建前を非常に尊重する傾向があります。言いたいことを相手に察してもらおうとする傾向も高いため、より高い理解力が必要です。

相手の発言をそのまま受け止めるだけでなく、その言葉の背景や意味、感情も適切に理解するよう努めましょう。

相手の話を理解するには、じっくり最後まで話を聞くことが大切です。相手が言い切るのを待たずに発言している自覚がある方は、きちんと聞くことを意識しましょう。

他人の意見を尊重しない

他人の意見を尊重しない方も、理解力がない傾向にあります。

一つの物事に関しても、感じ方は人それぞれです。とくにビジネスシーンにおいては、仕事の進め方や取引方法、発言内容などによってさまざまな受け取り方があります。

年齢も性別も生まれ育った環境も違うため、意見が分かれるのは当然。そのなかで他人の意見を尊重せず自分の意見を貫きとおしてしまうと、自分勝手な人と思われて距離を置かれる可能性があります。

他人の意見に左右される必要はありませんが、自分の意見も発言しつつ相手の意見も尊重することを忘れないようにしましょう。

ビジネスシーンで相手の言いたいことと自分の意見の双方を取り入れることができれば、新しい仕事の方法が見つかるかもしれません。

その結果、以下のケースもあります。

  • 仕事が効率化する
  • 自身の成果が増える
  • 部署や企業の成長につながる

自分にとっても新しい考え方、とらえ方ができるようになる可能性もあるので、時には相手の意見を自分の言動に取り入れることも意識してみましょう。

顔色や態度を見ない

相手の顔色や態度を見ない人は、理解力が低い傾向にあります。コミュニケーションは言葉だけでなく、表情やしぐさ、ジェスチャーなどから得られる情報は多数あります。

理解力が低いと相手の顔色や態度から相手の言いたいことを読み取れず、ちぐはぐな発言をしてしまう可能性が高くなるでしょう。

たとえば、理解力がある人は相手が元気そうにふるまっていても、ささいな表情や変化から悩みがあることを読み取ることが可能です。

その結果相手の相談に乗ってあげられたり、適切なアドバイスができたりするようになります。

一方で理解力がないと相手の変化に気づかず、コミュニケーションのチャンスを逃してしまいます。不適切な発言をして相手を傷つけると、今後の関係にも大きく悪影響を与えるでしょう。

ビジネスシーンにおいては、社内の人とのコミュニケーションだけでなく取引先や営業先との関係も大切。言葉だけでなく、顔色や態度もきちんと見て、総合的に相手の言いたいことを理解しましょう。

思い込みや偏見が多い

思い込みや偏見が多いと、理解力の低下につながってしまいます。

自分の思い込み、偏見だけで発言すると、

  • 相手の言っていることを全否定してしまう
  • 新しい視点や情報に気づく機会を失ってしまう
  • 特定の団体や人を悪く言って自分の印象を悪くする

などの可能性があります。ビジネスでは業種や職種によるものの、ときには柔軟な思考や臨機応変な対応が求められます。

年功序列や終身雇用の概念がなくなりつつある昨今では、新しい考え方を取り入れなければならないシーンも増えるでしょう。

そのような場合に「仕事はこう進めるのが当たり前」「このソフトは運営会社が信頼できないから使わない」などの思い込み、偏見だけで仕事を貫こうとすると、周囲と軋轢が生まれてしまいます。

ときには相手の意見や感情を客観的に理解することも大切でしょう。

  • 偏見は主観的すぎないか
  • 自分の思い込みではないか
  • 相手の意見をどのようなデータをもとに言っているのか

を紐解いていけば、理解力の低下を避けられるはずです。

理解力を向上させる5つの方法

アップしているイメージ

コミュニケーションを高めるためには、理解力の向上が欠かせません。

自分に理解力がないと悩んでいる方は、以下で紹介する理解力を高める方法をチェックしてみてください。

できることから丁寧に取り組むことで、徐々に理解力を高めていくことが可能です。

理解力を向上させる方法
  • 話をよく聞く
  • 情報を整理する
  • 良い質問をする
  • 自分で考える
  • 他人の視点を理解する

話をよく聞く

まずは相手の話をよく聞くことから始めましょう。

ただ相手の話を聞くだけではなく、相手の話を聞いたうえで自分がどのように理解したのかを口に出してみましょう。

コミュニケーションのやり取りのなかで、相手が言っていることと自分が理解したことを発言することで、あとから「そういうつもりではなかったのに」と相手にストレスを与える可能性を減らせます。

万が一自分が理解した内容と相手の発言が違っていた場合も、その場で訂正してもらえるので少ないやり取りでスムーズに状況把握ができるようになりますよ。

相手の発言を聞くことだけに集中するのではなく、相手がその発言から何を言いたいのか、何を伝えたいのかをよく考えることが大切です。

情報を整理する

理解力を高めるには、情報を整理する力を身につけることも大切です。会話が進むなかで、大切なポイントや現在話し合われているメインのテーマを適切に把握しましょう。

その結果、何が大切で何が不要か、どのような発言が適切かを徐々に判断できます。情報の整理が難しい、思いついたことをすぐ口にしてしまう方は、一度会話の内容をメモしながら話してみてください。

会話の内容だけでなく、その結果自分がどう感じたか、どのような発言をしたかをメモすることで、視覚的に情報を整理しながらコミュニケーションを取ることが可能になります。

メモはその場限りで使うのではなく、後からの見直しにも役立てましょう。自分自身でコミュニケーションのフィードバックを行うことで、さらに理解力を高めていくことが可能です。

ただし、メモを取ることに必死になっていると相手の表情やしぐさ、ささいな変化を見落としてしまいがちになるので、メモはあくまでも理解力を高める補助の一つとして役立てるようにしましょう。

良い質問をする

会話のなかで適切な良い質問をすることで、理解力を高めることが可能です。

なんとなく相手の話を聞くだけで理解した気持ちになっている、自分では発言せず相手の言動に身を任せている状態では、なかなか理解力を高められません。

質問のポイントとしては、5W1Hを意識することです。

  • なに
  • なぜ
  • だれ
  • どこ
  • いつ
  • どのように

これらを冒頭に置いた質問をすれば、より具体的な回答を得られ、会話の内容を理解するのに役立てられます。

「なぜそう思うのか」「どのようにその結果を得たのか」「なにが問題なのか」など、適切な質問をすることで、相手の考えていることや発言の背景をしっかり理解しましょう。

「それはこういうことですよね?」「だからこう思ったんですか?」など、相手の回答の選択肢が少ない質問をすると、会話が広がらず新しい発見も少なくなってしまいます。

質問をしているのになかなかコミュニケーションが円滑にできない、会話がかみ合わないという方は、相手が「はい」か「いいえ」だけで回答できる質問をしていないか振り返ってみましょう。

自分で考える

理解力を高めるには、自分でよく考えることも大切です。自分で考えず相手の発言に身を任せていては、いつまでも理解力は高まりません。

これまでなんとなく会話をしていた、なんとなく返答していた方は、一度自分なりに考えて理解し、発言することを意識していましょう。

相手の発言から自分が理解した内容を他人に口頭で説明することで、さらに情報を整理しながら理解を深めることが可能です。

自分一人で考えていると間違った方向に理解してしまうこともあるので、その都度人に自分の考えを聞いてもらい、間違っている場合は指摘してもらいましょう。

最初は自分の考えや理解した内容を口にするのが難しい、抵抗があると感じるかもしれませんが、徐々に理解力が高まればそのような心配もなくなります。

信頼できる同僚などに自分の理解力の低さに悩んでいることを伝え、協力してもらいましょう。やり取りを進めるなかでその相手とも信頼関係を築き上げていくことが可能です。

他人の視点を理解する

自分の意見だけを主張するのではなく、相手の視点から物事を見てみることも大切です。

会話に必死になっていると、つい自分の意見ばかりを主張してしまいがちですが、それでは円滑なコミュニケーションは取れません。

相手と意見が衝突したときこそ、なぜ相手がそう考えているのか、相手の立場になって考えてみましょう。

たとえば、相手が「チームワークを意識して仕事をすべき」と主張し、自分が「個人の能力を尊重すべき」と考えている場合、相手はチームワークを意識することで進捗管理もしやすくなります。

あなたは、個人の業務効率を向上させることに重点を置いているかもしれませんが、同時に次の2点を組み合わせることで、より具体的な計画を策定できます。

  • 自分の主張である「個人の能力を高める」こと
  • 相手の主張である「チームワークを重視する」こと

ビジネスシーンにおいては、異なる意見を取り入れることが新しいアイデアを生む源泉となります。

また、相手の意見の背後にある理由を理解するために、以前紹介した5W1Hの問いかけを活用しましょう。これにより、相手の思考を深く理解し、対話を充実させることが可能です。

効率よく理解力を向上させる書籍や話し方教室

ビジネス本とオンラインレッスン

理解力を高める方法を紹介しましたが、自分一人では自分の理解力がどれくらい不足しているのか、改善策を取り入れてどれくらいカバーできるようになったのかが見えにくいです。

とくにビジネスシーンでの理解力のなさに困っている方にとっては、少しでも早く、効率的に理解力を高めていきたいですよね。

理解力を高めるために役立つおすすめのビジネス本や話し方教室を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの話し方のビジネス本

まずはおすすめのビジネス本を3冊紹介します。

以下の本はいずれも理解力を高めるだけでなく円滑なコミュニケーションをするうえでは欠かせない情報が豊富なので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

理解力を向上させるためのビジネス書籍
  • 人は聞き方が9割
  • 異文化理解力
  • 「いい質問」が人を動かす

人は聞き方が9割

コミュニケーションを円滑に進めるための「聞き方」を教えてくれる一冊です。

コミュニケーションといえば自分の発言力や提案力などを連想する方も多いですが、人とのやり取りにおいては話をきちんと聞いて理解することが非常に重要です。

「人は聞き方が9割」では、やってしまいがちな失敗例も紹介しながら、相手の話を正しく理解する方法を具体的に教えてくれますよ。

著者:永松茂久
¥1,540 (2024/02/26 18:55時点 | 楽天市場調べ)

異文化理解力

「異文化理解力」は、ビジネスシーンにおいて生まれ育った環境が大きく違う人とやり取りするシーンが多い方におすすめの1冊です。

海外出張や海外赴任、外国人との取引などを意識した内容になっていますが、異文化間でのコミュニケーションにおいて大切なことが丁寧に書かれています。

年齢やこれまでのキャリア、性別など、同じ日本人でもこれまでの背景によって考え方はさまざまです。

相手と自分は違うことを認め合い、適切なコミュニケーションを取るために必要なことは何か、この本を読んで考えてみてくださいね。

「いい質問」が人を動かす

「いい質問」が人を動かす」は、コミュニケーションにおいて大切な質問の質を高めてくれる1冊です。

心理学を応用した質問の具体例も紹介しており、相手が心地いい、信頼できると感じてもらえる質問ができるようになります。

ビジネスシーンではもちろん、良好な人間関係を築きたいシーンで役立つ知識ばかりなので、この機会にぜひ取り入れてみてくださいね。

おすすめの話し方教室

理解力を高めるには、話し方教室に通うこともおすすめ。話し方教室では、話し方のプロである講師から適切なアドバイスをもらいながら、客観的な指摘をしてもらえます。

スピーディーで効率的に理解力を高められるので、働きながら独学を続けるのは面倒という方にもおすすめ。なかでも、以下の3教室の話し方のレッスンは質が高く、利用者も多いのが特徴です。

「シアーミュージック」は日本全国に拠点を持つ音楽教室で、一方「Beeミュージック」は東京都内で展開。教室への通学が難しい方や、自分のペースで学びたい方には「コミュトレ」が最適です。

加えて、他の話し方教室に関する情報も充実しております。興味がある話し方教室を見つけ、無料の体験レッスンで試してみるのも良いでしょう。

理解力の向上が、あなたの人生を変える

理解力がない人のまとめ

コミュニケーションにおいて、相手の発言を理解して適切な返答をする理解力は非常に大切です。

理解力が高くなれば、人とのコミュニケーションが円滑になります。家族や友人、恋人との関係をよくできるだけでなく、ビジネスシーンでも活躍の場所が広がるでしょう。

適切な判断、対応ができれば、評価も高くなり、昇進や昇格、ハイクラス転職も目指せます。より豊かな人生を送るためにも、理解力の向上を意識してみてくださいね。

理解力の向上は、決して一夜にして達成できるものではありません。しかし、それは間違いなくあなたの努力を報いる価値があります。

具体的には、以下のような効果が期待できます。

  • 人間関係の深化
  • 仕事のパフォーマンス向上
  • より豊かで充実した人生の実現

理解力を磨くことで、あなたは自分自身と他人との関係を深め、仕事のパフォーマンスを向上させ、あなた自身の人生をより豊かで充実したものにできます。

あなたの理解力が、あなたの人生を豊かに彩ることを心から願っています。

【Q&A】理解力に関する疑問・質問

Q&A

理解力を高めるために知っておきたい疑問や質問と、その回答を解説します。

なぜ理解力を向上させることは、コミュニケーション能力を上げるために重要なのでしょうか?

理解力を向上させることで、相手の話を正確に理解し、適切なフィードバックを行うことが可能です。これにより、より良い人間関係を築き、信頼関係を深めることに繋がります。

とくに、ビジネスシーンにおいては、相手の要求を正確に理解し、適切な解決策を提案する能力が求められます。理解力が高まると、顧客との信頼関係を深め、より良いビジネスパフォーマンスを達成できるでしょう。

理解力を高めるためにはどのような訓練が必要ですか?

理解力を高めるためには、自分自身の先入観や偏見を取り除くこと、そして積極的に相手の立場や視点から物事を考えることが重要です。

また、情報を整理する能力も大切なので、ノートを取る習慣をつけたり、読んだ本や記事の要約を書いたりするなど、練習を行うと良いでしょう。

より効果的に理解力を鍛えたい

あなたがより効果的に理解力を鍛えるためには、専門のトレーニングが必要です。ここで、コミュトレという話し方教室が役立ちます。

コミュトレは、オンラインに特化したビジネススキル向上のための専門スクールです。ここでは、話し方やコミュニケーション能力向上のための多彩なコースが提供されています。

各コースは10分間の動画で学べる仕組みで、合計700以上の種類があります。忙しい社会人でも無理なく学べる設計が特長です。

加えて、下記の記事では、実際に「コミュトレ」を体験した方々の感想を集め、他の話し方教室と比較しながらその効果を詳細に解説しています。ぜひご覧ください!

  • URLをコピーしました!
目次