会話が続かない人は疲れる…話が弾まない原因と話題がない時に役立つ対処法

会話が続かない人は疲れる…話が弾まない原因と話題がない時に役立つ対処法
この記事を読むと解決すること
  • 会話が続かない原因を理解したい
  • 会話が続かない人との付き合い方とは?
  • 話題がない時に役立つ対処法を学びたい

昨日、好きなアーティストのライブに行ったんだよ!

そうなんですね。

興味なかったかな?

会話が続かない、途切れる…そんな悩みを過去にする

会話が続かない、途切れるという悩みは誰しも経験があるのではないでしょうか。

  • 会話が続かない
  • 初対面の人と話すのが緊張する
  • 会話が途切れるとオドオドしてしまう

という方は多いですよね。

プライベートでもビジネスでも、会話が続かないと次の話題に入るステップが上手く掴めず、肝心な話ができなかったり何を考えているのかわからないと思われてしまったりします。

自分は人見知りだからと言い訳をしてしまうかもしれませんが、実はこれらの悩みには解決策があります。

スムーズに会話を続けられるようになれば、プライベートでもビジネスでも人間関係を充実させられ、より充実した人間関係を築いていけるでしょう!

今回は話を途切れさせないためのポイントについて紹介します。

目次

まずは会話が途切れる原因を把握しよう

まずはどうして会話が途切れがちになってしまうのか、その原因を把握しましょう。

自分の性格ではなく、話題の選び方や態度、相手にも原因があるかもしれません。

会話は話題だけ、一人だけで行うものではありません。ちょっとした話の振り方や態度、相手の心を開く工夫をすることで一気に会話が続きやすくなる可能性もありますよ。

会話が途切れる原因
  • 自己中心的な話し方
  • 聴く姿勢が不足している
  • 相手が話しにくい話題を選んでいる
  • オドオドして話しにくそうにしている
  • そもそも相手がコミュニケーションを取る気がない

自己中心的な話し方

自己中心的な話し方は、会話が途切れる大きな原因の一つです。自分の話ばかりを一方的に続けることで、相手が話す機会を失い、結果的に会話が続かなくなります。

  • 相手が話す機会を与えないため、会話が一方的になる
  • 相手の関心や意見を無視してしまう
  • 相手の気持ちや意見に共感せず、自分の話だけを続ける

自己中心的な話し方は、相手の話を聞かず、自分の話ばかりを続けてしまうことで、相手が会話に参加する機会を失います。これにより、相手は話す意欲をなくし、会話が途切れる原因となります。

自己中心的な話し方の状況は、以下のケースが考えられるでしょう。

自己中心的な話し方の例相手の反応
自分の仕事の成功体験ばかり話す相手が興味を失い、会話に参加しなくなる
相手の話を遮って自分の話を続ける相手が話すのを諦めてしまう
相手の意見に耳を傾けない相手が自分の意見を言わなくなる

自己中心的な話し方を避けるためには、相手に話す機会を与え、双方向のコミュニケーションを心がけることが重要です。

相手の意見や感情に共感し、適度に自分の話を挟むことで、会話がスムーズに続きやすくなります。

聴く姿勢が不足している

聴く姿勢が不足していることは、会話が途切れる大きな原因です。相手の話に対して十分な関心を示さないと、相手が話す意欲を失い、会話が自然と途切れてしまいます。

  • 相槌やリアクションが少ない
  • 視線を合わせない
  • 聞き流していると感じさせる

聴く姿勢が不足していると、相手に対して興味や関心を持っていないように見えてしまい、相手が話す気力を失ってしまいます。これにより、会話が自然と途切れてしまうのです。

聴く姿勢が不足している状況は、以下のケースが考えられるでしょう。

聴く姿勢が不足している例相手の反応
スマートフォンを見ながら話を聞く相手が話す意欲を失う
相槌やリアクションがない相手が自分の話がつまらないと感じる
視線を合わせない相手が無関心だと感じ、話を続けなくなる

会話が途切れないためには、聴く姿勢を改善することが重要です。相手の話に対して適度な相槌やリアクションを示し、視線を合わせることで、相手に関心を持っていることを伝えることができます。

相手が話しにくい話題を選んでいる

相手が話しにくい話題を選ぶことは、会話が途切れる原因となります。話題選びは、相手の興味や関心を考慮し、共通の話題を見つけることが重要です。

  • 相手の興味や関心に合わない話題を選ぶ
  • 相手が理解しにくい専門的な話題を選ぶ
  • 相手が触れたくないデリケートな話題を選ぶ

相手が興味を持てない、または理解しにくい話題を選ぶと、相手が積極的に会話に参加できなくなります。デリケートな話題の場合は、相手が気まずく感じて話を続ける意欲を失うこともあります。

初対面の人と会話をするとき、どんな話題を選んでいますか?良かれと思って選んだ話題が相手にとって返答しにくい内容だったり、不快に思う内容だったりする可能性もあります。

一般的に、政治とスポーツ、そしてお金や容姿の話題はまだ関係性の浅い相手に対する話題ではないと言われています。

ちょっとした価値観の違いからギクシャクしてしまい、あなたの印象さえ悪くなってしまうかもしれません。ビジネスシーンや浅い関係でプライベートに踏み込みすぎる話題もNGです。

まずは軽い話題から取り入れて、徐々に相手がどこまでなら話せるかを見極める力をつけていくことも大切です。

オドオドして話しにくそうにしている

オドオドして話しにくそうにしていると、相手も緊張してしまい、会話が途切れる原因となります。自信を持って話すことが、スムーズなコミュニケーションに繋がります。

  • 表情や声のトーンが不安定
  • 自信がなくて言葉に詰まっている
  • 相手がどう感じているかを気にしすぎる

オドオドして話すことは、相手に対して自信のなさを伝えてしまい、相手もどう対応すべきか戸惑ってしまうことがあります。会話は口先だけではなく、表情やジェスチャーなども大切です。

「会話が途切れたらどうしよう」「また途切れてしまった」など、そのことばかりで頭がいっぱいになると態度にも出てしまいます。

  • 会話を探して目が泳いでいる
  • 緊張して縮こまっている
  • 手元をいじってばかりいる

などの態度が続くと、相手も「つまらないのかな」「会話をする気がないのかな」と、会話を続けるのに消極的になってしまいます。

また、習慣でついスマホをチェックしてしまうという方も多いですがその間相手は何も話せず退屈させてしまいます。

会話を楽しみたい、もっとあなたと話したいという気持ちを態度で見せることで、相手も会話を続けやすくなりますよ。

そもそも相手がコミュニケーションを取る気がない

相手がコミュニケーションを取る気がない場合、どんなにこちらが努力しても会話が続かないことがあります。この状況を理解し、無理に会話を続けようとするのではなく、相手の意志を尊重することが大切です。

  • 相手が疲れている
  • 話題が相手にとって興味を引かないものである
  • 過去の経験や現在の心理状態

相手がコミュニケーションを取る気がない理由はさまざまです。

その場合は無理に会話を続けようとせず、相手がそのような態度を取る理由を考えてみましょう。もし、あなたが失礼なことを言ったのであれば、早めに謝罪することで印象の悪化を防げます。

相手が自分のことを一方的によく思っていない場合はどうしようもないかもしれません。ビジネスなど必要なシーンでない限りは一度距離を置くこともおすすめです。

コミュニケーションを取る気がないように見えて、向こうもこちらと同じように緊張しているだけのケースもあります。

「緊張していますか?私もなんです」など、相手の緊張をほぐす会話の糸口を見つけるといいでしょう。

会話が続かない時に役立つ対処法

会話が途切れない話し方は、誰でも身につけることができるものです。

自然とそれができる人もいますが、意識しなければ難しいという方も。まずは会話が途切れないための話し方のコツを意識することから始めましょう。

相手とのコミュニケーションがスムーズになるためのアドバイスを参考に、あなたもより良い会話を楽しんでみませんか?

会話が続かない時に役立つ対処法
  • 相手の目を見て会話する
  • 相手に共感する相槌を打つ
  • オープンエンドの質問をする
  • 相手の言葉から次の話題を探す
  • 関連するストーリーや体験談を共有する

相手の目を見て会話する

相手の目を見て会話することは、信頼関係を築き、会話を続けるために効果的な方法です。アイコンタクトを取ることで、相手に対して関心と理解を示し、コミュニケーションの質を向上できます。

  • 目を見て話す
  • 相手に対する関心や注意を示す
  • 言葉だけでなく、表情や視線を通じて感情を伝える

目を見て会話することで、相手は自分が尊重されていると感じ、話しやすくなります。これは特に重要な非言語コミュニケーションの一部であり、相手との信頼関係を築くための基盤となります。

自分に自信がない、会話に緊張してしまうという方でも、相手の目を見て話す、相手が話しているときは相手の目を見ることを意識してみてください。

視線が下がらず、つまらなさそう、話を聞く気がなさそうと思われません。相手の表情を見ることで相手が何を伝えたいのかを、言葉以外からも感じ取って次の話題につなげやすくなります。

相手に共感する相槌を打つ

相槌も会話を続けるためには非常に重要です。「たしかに」「なるほど」「そうなんですね」など、つい会話が続かない無難な相槌を打ってはいませんか?

これらの相槌を打たれればわかると思いますが、相手はそれ以上会話を続けられなくなってしまいます。ポイントとしては相手に共感した内容の相槌を打つといいでしょう。

たとえば、

休日はジムに行ったりランニングしたりしています。

そうなんですね。

と答えるのではなく、

休日はジムに行ったりランニングしたりしています。

体を鍛えているんですね!

と答えることで、相手は「そうなんです、最近お腹が気になってきて…」など、次の会話につながりやすくなります。それどころか相手から新しい話題を振ってくれる可能性も高いです。

オープンエンドの質問をする

オープンエンドの質問をすることで、会話が広がりやすくなり、相手が自由に話せる環境を提供できます。これにより、自然な流れで会話が続きやすくなります。

オープンエンドの質問は、相手に自由な回答の余地を与えるため、会話がスムーズに続きやすくなります。また、相手の考えや感情を深掘りすることで、より深いコミュニケーションが可能になります。

たとえば、友人との会話で以下のようなオープンエンドの質問をするとしましょう。

  • 「最近読んだ本で一番面白かったものは何ですか?」
  • 「その本のどこが特に良かったですか?」
  • 「他に似たような本でおすすめはありますか?」

これらの質問は、相手が自由に答えられるため、会話が広がりやすいです。相手が自分の興味や感じたことを詳しく話すことができるため、会話が途切れにくくなります。

オープンエンドの質問をすることは、会話を続けるための強力な方法です。相手が自由に話せる環境を作り出し、様々な話題を広げることで、会話が途切れにくくなります。

相手の言葉から次の話題を探す

さらにもう一歩進む方法として、相手の言葉から次の話題を探すという方法もあります。

自分ばかりが一方的に話したり、自分の話したいことだけを話したりしていると相手は相槌を打つしかなくなり、相手から話しだしにくくなってしまいます。

先ほどの会話を例にしてチェックしてみましょう。

休日はジムに行ったりランニングしたりしています。

すごいですね!ランニングはどれくらいの距離を走っているんですか?

このように、相手の話からどんどん話題を広げていきましょう。

また、あなたもジムに通っている場合は会話の主導権を相手のまま、このように返してみましょう。

私もジムに通っています!どんなトレーニングをしていますか?

相手も自分のことなので話しやすく、こちらも次につながる話題を提供しやすくなります。

関連するストーリーや体験談を共有する

関連するストーリーや体験談を共有することで、相手との共感を生み出し、会話が自然に続くことが多くなります。自分の経験を話すことで、相手も自身の経験を共有しやすくなり、会話が広がります。

たとえば、旅行の話題になったときに、自分が最近行った旅行について話すことで会話を広げることができます。

STEP
話題の導入

「最近、京都に旅行に行ったんですけど、すごく楽しかったです。」

STEP
詳細なエピソード

「特に金閣寺が素晴らしくて、紅葉の季節に行ったので景色がとても綺麗でした。」

STEP
相手の共感を引き出す質問

「あなたも最近どこか旅行に行きましたか?」

このように、自分の体験を具体的に話すことで、相手も自分の経験を共有しやすくなり、会話が続きやすくなります。

関連するストーリーや体験談を共有することは、会話を続けるための有効な方法です。自分の経験を話すことで、相手との共感を生み出し、親近感を醸成し、会話を深めることができます。

会話が途切れやすいNGな話し方

それでは反対に会話が途切れやすいNGな話し方を見てみましょう。

あなたは会話が途切れてしまい、空気が読めない状況に陥ってしまったことはありませんか?

会話が途切れてしまう原因には、慣れない話題や相手の反応を読み違えたりすることが挙げられますが、その中でも特にNGな話し方があります。

今回は会話が途切れやすいNGな話し方について紹介します。自分がついこのような話し方をしていないか、慎重に振り返ってみてください。

会話が途切れやすいNGな話し方
  • 話を遮る
  • 一方的に話し続ける
  • 話題が自分中心である
  • 会話が途切れがちな相槌を打っている
  • 質問に統一性がなく広がらない

話を遮る

話を遮ることは、会話が途切れる大きな原因となります。相手が話している途中で自分の意見を挟むと、相手は自分の話を続ける意欲を失い、結果として会話がスムーズに進まなくなります。

話を遮ることは、相手に対して「あなたの話は重要ではない」と伝えることになりかねません。これにより、相手は話す意欲を失い、会話が途切れてしまいます。

たとえば、同僚が新しいプロジェクトについて話しているときに、自分の意見を挟んでしまうとします。

  • 同僚:「最近、新しいプロジェクトでチームが取り組んでいることがあって…」
  • あなた:「ああ、そのプロジェクトなら前の会社でもやってたけど、うまくいかなかったんだよね。」

このように、相手の話を遮ることで、同僚は自分の話を続ける意欲を失い、会話が途切れてしまいます。

話を遮らず、相手が話し終えるまで待つことは、円滑なコミュニケーションを保つために不可欠です。相手の話を最後まで聞くことで、尊重を示し、会話の流れを保つことができます。

一方的に話し続ける

一方的に自分だけが話していると、相手は話す機会を失い、次第に興味を失ってしまいます。双方向のコミュニケーションを意識することが重要です。

一方的に話し続けることは、相手にとって不快な体験となり、結果的に会話が途切れてしまいます。相手が話す時間や機会を意識的に作ることが必要です。

たとえば、友人とのカフェでの会話を考えてみましょう。あなたが最近の趣味について話し続ける状況を想像してください。

最近、ハイキングにハマっていて、毎週末山に登ってるんだ。先週は富士山に登って、すごく綺麗な景色が見れたよ。それに、登山道の途中で珍しい花も見つけたんだ。そうそう、次は北アルプスに行く予定なんだ。装備も新しいのを買ったし、準備は万全だよ。…

このように一方的に話し続けると、友人は「私の話は聞いてもらえないのかな」と感じてしまいます。結果として、友人は会話に積極的に参加しなくなり、会話が途切れてしまいます。

一方的に話し続けることは、相手の意見や感想を聞く機会を奪い、会話のバランスを崩します。これにより、相手が話す意欲を失い、会話が途切れる原因となります。

話題が自分中心である

話題が自分中心であると、相手は興味を持ちづらくなってしまいます。

会話は相手とのコミュニケーションの場であり、相手に興味を持ってもらうためには、相手の興味や関心に合わせた話題を提供することが重要です。

自分の話ばかりすると、相手は退屈してしまい、会話が続かなくなってしまいます。相手に興味を持ってもらうためには、相手の話に興味を持ち、質問を投げかけることが大切です。

相手が話した内容に対して、自分の意見や経験を共有することも良いですが、相手の話を中心に聞く姿勢を心がけることが大切です。

自分が話している内容が相手にとって興味や関心を持っているのか、相手の反応を観察することも大切。相手の反応が鈍い場合には、話題を変えて相手が興味を持てる話題に切り替えましょう。

会話が途切れがちな相槌を打っている

会話が途切れがちな際に、相手の話を聞いているフリをするために、相槌を打つことはよく行われます。

しかし、ただ単に相槌を打つだけでは会話の質を上げることはできません。相槌は、相手が話を続けるためのサポートをするものです。

先ほども紹介した通り「なるほど」「そうなんですね」「たしかに」などどんな話題にも使えるような相槌は基本的にNGです。

相手も自分の話を聞いていないのではないかと思ってしまいます。相槌一つでも次の会話に続くような言葉を選ぶようにしましょう。

良い相槌を打つためには、

  • 相手の話に共感する
  • 自分の考えを主張する
  • 話題を深掘りするために質問する

など、相手とのコミュニケーションを促すことが大切です。

相槌は会話の流れを繋ぐ重要な役割を果たすため、ただ単に相手の話を聞いているフリをするだけでなく、相手との共通点や興味を見つけることで、より深い会話を生み出すことができます。

質問に統一性がなく広がらない

質問をすれば相手が答えてくれるので会話は続けやすいですが、その質問に統一性がないと会話がぶつ切りになってしまいます。

  • 関連性のない質問を次々と投げかける
  • 一つの話題を深掘りせずに次の話題に移る
  • 質問の内容がバラバラ

質問に統一性がないと、相手が話題に対して一貫した意見を持つことが難しくなります。その結果、会話が断片的になり、深い話をする機会を失います。

質問の種類相手の反応
統一性のない質問短い回答が多く、会話が途切れやすい
統一性のある質問深掘りでき、会話が続きやすい

以下に、このような会話を繰り広げられたとします。

最近、どんな映画を見たの?

鬼滅の刃だよ。

最近、仕事どう?

順調だよ。

などでは、話が広がりません。「最近、仕事どう?」ではなく、次のように同じテーマや話題に関連する質問を連続して行ってください。

いいね!鬼滅の刃を見始めたきっかけは?

一つの質問したら終了ではなく、相手の答えを聞いてそこからどうつなげていくかを考えることが大切です。

質問に統一性を持たせることは、会話を途切れさせないための重要なポイントです。質問のテーマを一貫させることで、相手が話しやすくなり、会話が途切れにくくなります。

話し方教室なら効率よく盛り上がる話し方が身につく!

会話がすぐに途切れてしまう、会話が続かないという方のための克服方法を紹介しました。

これらはあくまでも一例で、もっとスムーズに会話をする方法はたくさんあります。それを学べるのが話し方教室です。

話し方教室では、会話が途切れないための技術やスキルを効果的に学べます。プロの講師から直接アドバイスを受けることで、より実践的で役立つテクニックを身につけることができます。

  • 相手が聞き取りやすい話し方
  • 思わず引き込まれるような話し方
  • 話し方教室では相手に伝わる話し方

などを教えてくれるだけではなく、あなたの話し方の特徴から問題点を洗い出し改善点をアドバイスしてくれるので、独学で話し方の練習をするよりも効率的です。

会話が続かないことで悩んでいる方にとって、話し方教室は解決の糸口となります。独学では得られない専門的なアドバイスやフィードバックを受けて、コミュニケーション能力を向上させましょう。

当ブログでは、話し方教室の中でも、無料体験ができる教室を厳選して紹介しています。まずは気軽に体験して、自分に合った教室を見つけましょう。詳細は以下のリンクからご覧ください。

  • URLをコピーしました!
目次