質問力が高い人の特徴は?人間関係とコミュニケーションスキルの改善方法

質問力が高い人の特徴は?人間関係とコミュニケーションスキルの改善方法
この記事を読むと解決すること
  • 質問力が高い人の特徴を知りたい
  • 質問力を高める練習やトレーニングを自分でやりたい
  • 質問力を高めるための書籍やセミナーを知りたい

コミュニケーションに自信を持てず、どのように質問すればいいのか分からない。仕事やプライベートで適切な質問ができないから、他人との関係を築くのが難しいよ…

質問力が高い人の特徴を知り、質問力を向上させる方法や効果を学ぶことで、コミュニケーションスキルの向上につなげられるよ!

質問力が高まる。人間関係を変える。

コミュニケーションを取るうえで、相手に質問する機会は多いです。この質問の内容によって、コミュニケーションを円滑に進められるかどうかが決まります。

適切な質問ができればより信頼関係を深められますが、質問内容が悪いと相手のことをきちんと理解できない可能性があります。

質問力はビジネスシーンでも非常に重要なので、今一度自分の質問力を確認してみましょう。

本記事では、ビジネスでも役立つ質問力の高め方などを解説します。コミュニケーション能力にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

質問力が高い人の特徴とそのメリット

楽しそうに話す男性

質問力が高い人の特徴をチェックしてみましょう。質問力が高いと、相手のことをより深く理解できたり、相手が心地よく話せたりといったメリットが多数あります。

その結果、ビジネスシーンで社内の人や取引先の人との信頼関係を深められる点も魅力です。自分に十分な質問力が備わっているか、以下の点をチェックしてみましょう。

質問力が高い人の特徴とそのメリット
  • 情報収集能力
  • コミュニケーション能力
  • 地頭力
  • 問題解決能力
  • 学習能力

情報収集能力

情報収集力が高い人は、質問力が高い傾向にあります。

相手が開示している情報だけでなく身につけているものやしぐさ、話し方などから総合的にさまざまな情報を集められるので、質問も補足的な内容が多くなります。

さらに相手がどのようなことを話したいのかを会話のなかから探し出せるので、相手が話しやすい質問を投げかけることも可能です。

たとえば、初対面の取引先の人とやり取りをしながら「関西出身なんですか?」「〇〇にお悩みではないですか?」など、自然と相手が主体になって話せる質問ができます。

反対に、情報収集力が低いと相手に何を質問すればいいかわからず、

  • 必要な情報を入手するまでに時間がかかってしまう
  • 言わなくてもわかるようなことを質問して手間取らせてしまう
  • 相手の話している内容だけを読み取るので補足の情報を補えない

などの問題があります。

情報収集の能力が不足していると、業務に余計な時間がかかることがありますし、コミュニケーションの面でも、相手との関係がスムーズに進まず、ストレスを引き起こすことがあるでしょう。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力が高い方は、質問力も高いです。相手の言いたいことを言葉だけでなく表情やしぐさ、ジェスチャーなどから読み取れて、最適な質問を投げかけることが可能です。

コミュニケーションは自分が発言するだけでなく、相手に言いたいことを読み取る力も求められます。言葉のキャッチボールが適切にでき、テンポよく会話を進めていくことができるでしょう。

たとえば、落ち込んでいる人に対して「仕事で何かあった?」と聞いたり、先月会った人に「先月からどう進展しました?」と聞いたりしてみましょう。

相手にとっては「この人はきちんと自分を気にかけてくれている」と思ってもらうことが可能です。

コミュニケーション能力には

  • 発言力
  • 提案力
  • 共感力
  • 理解力
  • 質問力

などさまざまなスキルが必要です。いくつかが備わっていても質問力が低いとうまくやり取りできない可能性があるので、今一度質問内容をよく考えてみましょう。

地頭力

質問力が高い人は、地頭がいいという特徴もあります。地頭のよさとは、数学や英語などの学習能力ではなく、頭の回転の速さなどを意味します。

相手が何を求めているのか、どのような状況なのかを瞬時に判断できるので、テンポよくスムーズに質問を投げかけることが可能です。

また、質問に対する回答からより多くの情報を読み取り最適なリアクションを取れるという特徴もあります。

地頭がよくないと、

  • リアクションを間違えてしまう
  • 相手の言っていることを整理できない
  • 内容についていけず、会話から取り残される

などの問題が発生します。

地頭のよさは簡単に改善できるものではありませんが、周囲の地頭のいい人をよく観察し、取り入れられる点がないか考えてみましょう。

話す機会を増やすことで、どのような思考回路をしているのか、どのくらいのテンポで話しているのかなどを判断しやすくなりますよ。

問題解決能力

問題解決能力が高いと、適切な質問がしやすくなります。今何が一番問題なのかを適切に判断できるため、問題解決につながる的確な質問を相手に投げかけることが可能です。

やり取りが最低限で済むため相手に負担をかけず、スピーディーに問題を解決することもできます。

反対に、問題解決能力が低いと

  • 不要な質問をしてしまう
  • 本当に重要な質問をするのを忘れてしまう
  • 自分の視点からしか考えられず、議論が停滞する

などの問題が起こり、課題を解決するまでに必要以上の時間がかかります。自分だけでなく相手にも負担をかけてしまい、ストレスを与えるシーンもあるでしょう。

問題解決能力の高さはビジネスシーンにおいて非常に重要です。スムーズに問題を解決し、次に進むためにも、問題解決能力を高める努力をしましょう。

論理的な思考を身につける、情報を適切に判断するなど、感情や雰囲気だけで判断せず客観的に物事を見る習慣をつけることで、問題解決能力は高まります。

学習能力

学習能力の高さも、質問力に関係します。

学習能力が高く一度教えてもらったことを忘れなければ、さらにプラスアルファの内容に関する質問ができ、相手のことや仕事のことをより深く理解できるようになります。

反対に、学習能力が低いといつまでも基本的な部分でつまずいてしまい、

  • 何度も同じ質問をしてしまう
  • 話し手の言葉や意図を理解できない
  • 基本の確認のような質問しかできない

などの問題が発生します。

相手のことをなかなか理解できない、仕事が上達しないと悩んでいる方は、学習能力の低さも関係していないか考えてみましょう。

たとえば、学習能力が高い人は「この状態でも問題はないもののさらに効率的に仕事を進めるにはどのような努力が必要か?」などを考え、質問することができます。

反対に学習能力が低いと次のステップまで思考が進まず、現状維持で精一杯と感じることもあるでしょう。

学習能力をスピーディーに高めることは難しいですが、一度質問したことはメモを取って忘れないようにする、なぜその結論にいたるのか自分なりに論理立てて説明できるようにするなどの改善方法があります。

質問力がない人の特徴とは

悩む女性

質問力がない人の特徴もチェックしてみましょう。

質問力が低いとコミュニケーションを取りにくくなるだけでなく、仕事上でもスムーズに進まない、自分の成績が上がらないなどの問題が発生します。

以下の項目に心当たりがある方は、質問力を高める努力をすることを意識してみましょう。

質問力がない人の特徴
  • 話すだけで聞かない
  • 相手の気持ちを考えない
  • すれ違いが多い
  • 学習能力が低い
  • 関係性の構築が苦手

話すだけで聞かない

質問力が低い人は、そもそも質問をしない傾向があります。

自分のことばかりを話して、相手の意見を聞こうとしません。そのため、相手のことはわからず、いつも自分だけが一方的に話すことになってしまいます。

自分からよく発言する人は一見コミュニケーション能力が高そうに思えますが、質問する回数が少ないと相手のことをしっかり理解することはできません。

自分が話せればそれでいいという考えをやめて、コミュニケーションには言葉のキャッチボールが大切だということを再認識しましょう。自分の話をしたら必ず相手のことも聞くようにするなどの対策ができます。

また、自分が思っているよりも自分のことを話すのは控えて、相手が主体となって話せるように意識することも大切です。質問力を高めれば、自然と相手主体の会話もできるようになるでしょう。

相手の気持ちを考えない

相手の気持ちを考えない人は、質問力が低く相手とコミュニケーションを取りにくいケースが多いです。

自分の考え、意見、主張、感情ばかりを優先するため、質問することなく自分が一方的に物事をジャッジしてしまいます。質問が少なく、相手の気持ちを理解しようとしないといった特徴もあります。

相手が今何を考えているのか、どうしてそのような発言をしているのかをきちんと理解することで、より適切なコミュニケーションが取れます。

上記でも自分のことばかり話して相手に質問しない人は質問力が低いことを解説しましたが、自分の話ばかりをするだけでなく、勝手に決めつけてしまう人も注意しましょう。

会話の途中途中できちんと相手に質問を繰り返し、相手の気持ちを確認しながら丁寧に会話を進めれば、良好な人間関係を築きやすくなりますよ。

すれ違いが多い

会話をしていくうえですれ違いが多いと感じる方も、質問力が低い可能性があります。

  • 性格の違い
  • 価値観や考え方の違い
  • コミュニケーション不足

などが異なる人同士の間で起こり得るものです。相手の考えを聞かず、自分の解釈だけで話を進めてしまうため、相手にとっては「そんなつもりではなかった」と感じる原因になってしまいます。

ちょっとしたすれ違いならすぐに修正しやすいですが、その場合も「自分は悪くない」という自己主張が強くなる可能性が高いです。

さらにすれ違いが増えるとけんかになったり、人間関係が険悪になったりするケースもあります。プライベートな人間関係に悪影響が及ぶことはもちろん、ビジネスシーンでも問題が発生します。

間違った解釈で仕事を進めてしまう、取引先の指示を適切に理解できず余計な手間を取らせてしまうなどのケースが多い方はとくに注意しましょう。

不明点はその都度質問して確認するのはもちろん、自分では理解できているつもりの点も確認するために質問を繰り返すようにすることをおすすめします。

学習能力が低い

学習能力が低い人は、質問力が低いケースが多いです。

新しい仕事を学ぶとき、わからないことを質問することは大切です。しかし質問力が低い人は、何を質問すればいいのかわからず自分で勝手に仕事を進めてしまうことがあります。

教えてもらった情報だけで物事を判断しなければならず、その結果判断ミスをしたり、仕事に時間がかかったりします。

チームワークが必要な仕事では

  • ほかの人に迷惑をかけてしまう
  • 会話や指示の理解が十分ではなく誤解が生じる
  • 個人プレーの仕事でもなかなか成績を高められない

など、仕事上での問題も多くなるでしょう。

学習能力が高い人は新しいことも素早く吸収でき、プラスアルファで次々に新しいことを学んでいくことが可能です。

スピーディーに新しい仕事を習得できれば任される仕事の量も増え、昇進、昇格にも役立つでしょう。
自分で学習能力が低いと感じる人は、学習能力が高い人の思考を真似してみることもおすすめです。

YouTubeやビジネス本などでも頭の回転をよくする方法などが紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください。

関係性の構築が苦手

関係性の構築が苦手な人も、質問力が低いケースが多いです。

質問力が低い人は関係性を深めるための質問をすることが難しく、表面的な会話しかできない、会話自体がすぐに終了してしまうことも少なくありません。

その結果、人との関係をうまく構築できず、良好な人間関係を増やせなくなってしまいます。

プライベートな人間関係はもちろんのこと、ビジネスシーンでも同僚や上司、部下、取引先の人と円滑にコミュニケーションを取れなくなってしまいます。

日頃からきちんと信頼関係を築いていないと、以下の悪影響が出てしまいます。

  • 連携がとりづらくい
  • 困ったときに相談しにくい
  • トラブルを解決する方法を質問しにくい

反対に、会話をするなかで適切な質問をすれば、相手に興味を示して理解を深めることが可能です。

相手のことをよく知ることで関係性も深まり、相手からも「この人に相談してみたい」「この人ともっと話してみたい」と思ってもらうことが可能です。

人間関係の構築が苦手と感じる方は、以下で紹介する質問力を高める方法も取り入れてみてください。

質問力を向上させる具体的な方法

物事を理解するまでの図

質問力を高めるには、具体的にはどのようなことをすればいいのかを解説します。

上記で紹介した質問力が低い人の特徴に当てはまる項目があれば、以下の点を参考にコミュニケーションを取ってみてください。

基本的なコミュニケーションの取り方から、具体的な質問内容までまとめて解説します。

質問力を向上させる具体的な方法
  • しっかりと相手の話を聞く
  • 「〇〇ってどう?」と質問する
  • 自分の意見を先に言わない
  • 好奇心を大切にする
  • 失敗を恐れずに質問する

しっかりと相手の話を聞く

まずは相手の話をしっかり聞くことを意識しましょう。相手の話をきちんと聞いていれば、質問すべき内容を判断しやすくなります。

ささいな言葉から質問できる項目をピックアップすれば、さらに会話を広げることができ、相手のことを深く理解できるようになるでしょう。

たとえば、相手が「この前取引先と飲んだときに大変なことになって…」という話をしていたら、どの取引先か、誰と飲んだのか、どう大変なことになったのかなどを質問することが可能です。

反対に質問力が低く、相手の話を聞いていない人の場合は「そうなんだ」「お疲れ様」など端的な言葉だけで済ませてしまうので、これ以上会話が広がりません。

相手の言葉をきちんと聞き、どの部分から話題を広げられるか、どの部分を相手が一番話したいのかを察するように努めましょう。

「〇〇ってどう?」と質問する

質問力を高めたいけどどんな質問をすればいいかわからないという方は、「〇〇ってどう?」と質問しましょう。

「〇〇ってどう?」と質問すると、相手が

  • どんな感情か
  • 何を考えているか
  • どうしてそう思っているのか

などを詳しく理解することが可能です。口下手でも相手が主体となって話してくれるので、スムーズに会話を進められるでしょう。

たとえば、会議後に会議の内容を話しているときも「あの会議の発言ってどうだった?」と聞けば相手の意見を知ることが可能です。

取引先と会話するなら「これくらいの予算でご用意できますが、どうですか?」と聞いてみることもおすすめ。こちらが一方的に金額を提示するよりも、取引先の意見を尊重してやり取りを進めやすくなります。

質問力が低い人は、質問が少ないと同時に自分の意見を押し通してしまう、相手の話を聞かないという特徴もあるため、「〇〇ってどう?」という質問は日頃からより意識して行うようにしましょう。

自分の意見を先に言わない

質問力を高めるためには、自分の意見を先に言わないようにすることも大切です。自分の意見を先に言ってしまうと、相手に質問するチャンスを逃してしまいます。

とくに質問力が低い人は自分ばかりが一方的に話す、自分の思い込みで判断する傾向があるため、自分の意見の主張はいったん後回しにすることも意識しましょう。

会話をしている途中でも、先ほど紹介したとおり「〇〇ってどう?」という質問からはじめ、相手の意見を聞いたうえで自分の意見を主張するようにしてみてください。

ディスカッションが上手にできるようになり、相手のことをさらに詳しく理解できるでしょう。相手も「自分の意見を聞いてくれる」と思い、よりさまざまなトピックスについて話せるようになります。

円満な人間関係を築ける、信頼関係を深められるなどメリットが多数あるので、自己主張が強すぎる自覚がある方は、いったん控え目にすることを意識しましょう。

好奇心を大切にする

好奇心を大切にして会話を楽しむことも大切です。質問力が低いと、つい「これが気になるけどこんなことを聞いたら失礼かもしれない」と尻込みしてしまうケースもあります。

ですが相手は、あなたが気になっている部分をほこりに思っていたり、話したいと思っていたりする可能性もあります。

自分が惹かれるトピックス、興味がある話題について好奇心を隠さずに質問してみましょう。ビジネス上でしか付き合いのない相手でも、好奇心から質問したことから会話が広がるかもしれません。

たとえば、連休明けに日焼けしていた人がいたら「週末はどう過ごしたんですか?」と質問してみれば、音楽フェスに行っていた、アウトドアを楽しんだなどの回答が返ってくることもあるでしょう。

さらにその内容を深堀りしていけば、相手も自分の楽しかった思い出を話せて、自分と共通の趣味や話題を見つけられることもあります。

共通の話題があればさらに会話する機会も増え、信頼関係を構築していくことができるでしょう。

失敗を恐れずに質問する

失敗を恐れずに質問することも、質問力を高めるには大切です。

もともとあまり質問しない人にとっては、

  • 「これを聞いて怒られたらどうしよう」
  • 「以前にも聞いた内容かもしれない」
  • 「こんなことを聞いたら呆れられるかもしれない」

など、失敗するリスクが気になってしまいますよね。

ですが、失敗は誰にでもあるものです。とくに人間関係の構築は難しく、人それぞれに質問されたくないこと、質問されて喜ぶことは違います。

上記で紹介したいように自分の好奇心を大切にして質問を繰り返していくうちに、どのような質問が効果的かがわかってきます。

また、ビジネスシーンにおいて、仕事の内容に関する質問で失敗することは少ないでしょう。

わからないまま仕事を進めるよりも、基本的なこと、ささいなことでも質問をして、万全の状態で仕事を進められるようにしてくださいね。

効率よく質問力を高める書籍や話し方教室

ビジネス本とオンラインレッスン

質問力を高めるには、上記で紹介した方法を取り入れるほかにもビジネス本を読んだり話し方教室に通ったりする方法があります。

働きながらビジネススキルを高めるのは大変なので、より効率的にスキルを習得できる方法も取り入れましょう。

おすすめのビジネス本と話し方教室を紹介するので、ぜひ質問力アップに役立ててくださいね。

おすすめの話し方のビジネス本

話し方のスキルが身につく、おすすめのビジネス本を3冊紹介します。

いずれも話し方の分野で評判が高い書籍なので、各書籍の特徴や口コミをチェックして自分に合いそうな本を選んでみてくださいね。

おすすめの話し方のビジネス本
  • 人は聞き方が9割
  • すべては「前向き質問」でうまくいく
  • 頭のいい人が話す前に考えていること

人は聞き方が9割

人は聞き方が9割は、永松茂久によって書かれた本です。この書籍は、コミュニケーションスキルに焦点を当て、とくに「話の聞き方」の重要性を強調しています​​​​。

本書の核となるメッセージは、「人は話すことよりも聞くことの方が重要である」というものです。聞き方を意識することで、人生が大きく変わるという考え方を提唱しています​​。

さらに、「口下手は会話下手ではない」という教えより、聴く側の努力も必要です。具体的な技術として、表情、うなずき、姿勢、笑い、感散に気を配ることが助言されています。

人は聞き方が9割は、コミュニケーションスキルを高め、人間関係を改善するための実用的なアドバイスを学べる一冊です。会話の聞き方を改善し、より良い人間関係を築くために役立つでしょう。

著者:永松茂久
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

すべては「前向き質問」でうまくいく

海外で出版されて以来大ヒットとなり、日本だけでなく15か国で翻訳されているベストセラーの1冊。マリリーG・アダムスと中西真雄美による書籍です​​。

この本は、質問思考の技術を紹介し、読者に前向きな思考や建設的な結果をもたらす方法を教えています​​。

この書籍の特徴は、ストーリー形式で書かれていること。読者は自己啓発の講義を聞いているような感覚で内容を理解でき、思考法を身につけやすくなっています​​。

「なぜ失敗したのか?」ではなく「どうすれば成功するのか?」と質問内容を前向きに変換する方法が学べます。

この書籍は、自己啓発に興味がある方、特にコーチングを学びたい初心者や、日常生活や職場での対人関係の改善を目指す方にとって非常に役立つ一冊と言えるでしょう。

著者:マリリー・G・アダムス
¥1,650 (2024/06/13 14:16時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

頭のいい人が話す前に考えていること

安達裕哉氏によって執筆されたビジネス書で、2023年にダイヤモンド社から発行されました​​。本書はコミュニケーションにおける「知性」と「信頼」を同時にもたらす方法にフォーカスしています。

安達氏はコンサルタントとしての豊富な経験を基に、単なる話し方のテクニックではなく、話す前の思考の質を高めることの重要性を強調しています​​​​。

この本はビジネスシーンだけでなく、あらゆる人々に愛されており、老若男女問わず幅広い読者層に受け入れられています。

読者からはコミュニケーションの質を改善するための具体的な方法や、自己成長の手助けとしての効果を高く評価する声が多数あり、2023年には年間ベストセラー(ビジネス)で第1位に輝きました。

多くの人は生まれ持った能力は変えられないと思いがちです。しかし、この本を読むことで、誰でも取り入れられる思考方法を見つけることができるでしょう。

著者:安達 裕哉
¥1,650 (2024/06/12 00:19時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

おすすめの話し方教室

話し方教室に通えば、よりスムーズにコミュニケーション能力を向上させることが可能です。話し方のプロに自分の長所や短所を指摘してもらい、苦手な項目に対する適切なアドバイスももらえます。

話し方教室を開催している場所は多数ありますが、そのなかでも以下の3つがとくにおすすめです。

いずれも無料で体験やアドバイスを受け付けているので、学習方法や教室の場所などから自分に最適な話し方教室を探してみてください。

近くに話し方教室がない、仕事をしながら教室に通う時間の余裕がない方には、オンラインで完結するコミュトレがおすすめです。

以下の記事では、オンラインでも通えるおすすめの話し方教室を7社に厳選しています。他の人気スクールと比較してみたい方は合わせてチェックしましょう!

質問力を上げて、より素敵なあなたへ

質問力が高い人まとめ

コミュニケーションを円滑に進めるには、会話の途中で適切な質問をすることが大切です。

質問内容が優れていればより相手との信頼関係を深められますが、質問内容が悪いと表面的な関係しか築けません。

また、質問自体が少ないことで相手のことをよく理解できない、なかなか関係構築が進まないといった悪循環にも陥ってしまいます。

本記事では質問力を高める具体的な方法や質問の例文も紹介しましたが、よりスピーディーに

  • 質問力
  • 理解力
  • 人との関係性を築く力

など、コミュニケーション能力を高めたいならビジネス本を参考にする、話し方教室に通うこともおすすめです。

オンラインで学習や実践が完結するスクール「コミュトレ」では、ビジネスシーンで役立つコミュニケーションスキルの習得が可能です。

若手から管理職まで、さまざまな人に最適なコースが用意されています。無料アドバイスでは適切なコースも提案してくれるので、まずはコミュトレの無料アドバイスを受けるのもオススメです。

\ ノウハウを詰め込んだ6大特典をプレゼント /

簡単1分で予約完了!
あなたの課題と身につけるべきスキルが分かる。

【Q&A】質問力に関する疑問・質問

Q&A

質問力を上げるために知っておきたい疑問や質問と、その回答を解説します。

質問力のある人の特徴とは、具体的にどのようなものがありますか?

質問力のある人は、相手の話に真剣に耳を傾け、興味を示す姿勢を持ちます。

自分をさらけ出し、多くを受け入れる心で、新しい情報に対して柔軟な考え方を持ち、問題解決に役立つ質問をします。相手の感情に寄り添い共感します。

また、適切に質問することで、相手の心を引き出します。質問力を持つことで、人間関係の構築や問題解決に優れたコミュニケーションができるでしょう。

質問力のある人になるためには、どのようなことに気をつければ良いですか?

質問力を高めるためには、相手に対する真摯な関心を持ち、聞き手に徹することが重要。質問の意図を明確にし、相手の気持ちや感情に共感することで、より良い質問ができます。

また、新しい情報や異なる視点に対して柔軟な考え方を持ちましょう。適切なタイミングで質問を行い、相手の話に集中することで、より効果的なコミュニケーションが可能です。

質問力を向上させるためには研究と実践が必要であり、学んだことを実際のコミュニケーションで活用することが大切です。

相手との信頼関係を築き、より深いコミュニケーションを実現するために、日常の会話やビジネスシーンで質問力を鍛えていきましょう!

ビジネスに必要なコミュニケーションスキルを効率よく鍛える方法を教えてください

コミュニケーション力を向上させるためには、質問の仕方が重要です。

ただ問いかけるだけでは不十分。実際に試み、フィードバックを受けることが必要です。この観点から、コミュニケーションをトレーニングする「コミュトレ」というサービスが効果的です。

コミュトレは、ビジネスシーンでのコミュニケーションスキルを高めることを目的としたスクールです。職場での人間関係構築スキルを、初歩から応用まで網羅的に指導しています。

とくに、会話に自信がない方向けのリレーションシップコースがあり、ビジネス特化のスキルを学ぶことが可能です。

より詳しい内容については、以下の記事で紹介されています。ビジネスでのスキルアップを目指す方には、参考になるでしょう。

  • URLをコピーしました!
目次