イラッと来たら読む!29歳の社会人が選んだイライラさせる人の特徴とその対処法

【イラッと来たら読む】独断と偏見で選んだイライラさせる人の特徴とその対処法
この記事を読むと解決すること
  • イライラさせる人の特徴や心理を知りたい
  • イライラさせる人への対処法について知りたい
  • 人間関係の向上に必要なコミュニケーションを身につけたい

部下や同僚の中にイライラさせる人がいるから、ストレスを感じているよ。そのストレスを解消して、平穏な毎日を送りたい。

職場でイライラさせる人と話すと、頭が痛くなるよ。
より快適な人間関係を築くために、29歳の社会人であるぼくが、イライラさせる人の特徴やその対処法を解説します。

もう振り回されない、賢い対応法。

私たちの日常は人との関わり合いで成り立っていますが、時としてその中には

  • 自己中心的である
  • 上から目線で接してくる
  • 人を見て付き合い方を変えてくる

の特長を持った「イライラさせる人」が存在します。

それは、職場でのあの同僚かもしれませんし、親しい友人かもしれません。彼らは、自覚なくあるいはある意図を持って、あなたの心の平穏を奪っていきます。

この記事では、独断と偏見を交えながらも、イライラさせる人々の特徴を紹介。そして、それをどのように理解し、また対処するかの具体的なコミュニケーションスキルを解説していきます。

あなたがもし、「またか…」とため息をつきながらその人の言動に翻弄されているなら、あなたもきっと「あ、そうかも!」と共感しながら、明日からでも使える対処法を見つけられるはず。

もうイライラすることに疲れたら、この記事を読んでみてください。あなたの毎日がちょっぴり軽やかになるヒントを見つけられたら幸いです。

目次

イライラさせる人の特徴TOP10

図解:イライラさせる人の特徴TOP10

「イライラさせる人」、それは誰もが共感する社会現象です。あなたのまわりにも、きっと一人や二人、心当たりがあるはず。

ここでは、そんなイライラさせる人々の特徴を厳選して、ランキング形式で紹介します。

  • 自己中心的である
  • 上から目線で接する
  • なんでも意見を否定する

などの特徴を持つ人は、ストレスを蓄積して、仕事の生産性に影響を与えてしまいます。そんなイライラさせる人には、どんな特徴を持っているでしょうか?

イライラさせる人の特徴を理解することで、自分自身の行動を見つめ直し、他人とのコミュニケーションを改善できます。そもそも自分がイライラさせる人になっていないか、振り返りましょう!

29歳男性の筆者が、独断と偏見で順位付けしました。
1~5位の特徴を持った人に会うと、とくにイラっとします。

【1位】自己中心的である

イライラ度

自己中心的な行動は、他人をイライラさせる行動の中で非常に高い影響を持つ特長です。

心理学の研究によると、自己中心的な振る舞いは人間関係における摩擦の主要な原因の一つ。この行動は、他人の感情やニーズを無視し、自己の欲求のみを優先することから生じます。

たとえば、会議で自分の意見ばかりを主張し、他の人の提案を無視するような行動は、他のメンバーのやる気を削ぎ、チームの一体感を損なう行為になります。

プライベートでは、友人関係や家族内で自分の意見のみを強調し、他人の提案や感情を軽視することがあります。

このように、共感する力が低く、他人の感情や意見を軽視しがちです。他人との信頼関係や協力関係を損ね、対人関係における不和やトラブルの原因となるでしょう。

まわりの気持ちがわからない。

【2位】上から目線で接する

イライラ度

上から目線で接する人は、イライラさせる人の特徴の中で2位にランクイン。他人を不快にさせる行動として、非常に高いイライラ度を引き起こす行動です。

コミュニケーションの専門家や心理学の研究では、上から目線の態度が人間関係における摩擦の一因に。職場や日常生活において、他人との関係を悪化させてしまいます。

たとえば、あるチームリーダーが部下の提案に対して「それは無理だろう」と一蹴するような場合、その部下は落胆し、チーム全体の士気が下がる可能性があります。

プライベートでは、友人や家族に対して自分の意見を強引に押し付け、他人の考えを軽視するような行動が見られます。

このように、上から目線で接する態度は、他人を軽んじるような印象を与え、信頼関係の構築を妨げる要因となるでしょう。

人を見下す傾向がある。

【3位】すぐにケンカ腰になる

イライラ度

「すぐにケンカ腰になる」行動は、イライラさせる人の特徴の中で第3位にランクイン。その行動が周囲に与えるストレスは非常に高いでしょう。

コミュニケーションの専門家や心理学の文献では、攻撃的な態度が人間関係におけるトラブルの重要な原因であると指摘されています。とくに、職場や家庭内での対立が増加することが一般的です。

職場での例として、小さな誤解や意見の相違に対してもすぐに声を荒らげる同僚がいる場合、そのような態度はチームの士気を低下させ、生産性に影響を及ぼすことがあります。

プライベートでは、友人や家族の間で些細なことで怒りっぽくなる人がいると、その人との関係にストレスを感じ、距離を置くようになります。

このようなすぐにケンカ腰になる態度は、他人との信頼関係を損ね、コミュニケーションの効果を大きく下げる要因となるでしょう。

怒りっぽくて対話が難しい。

【4位】なんでも意見を否定する

イライラ度

なんでも意見を否定する人は、イライラさせる人の特徴の中で4位にランクイン。コミュニケーションにおいて高いイライラ度を持つ行動です。

心理学やコミュニケーションの研究によると、他人の意見を常に否定する行動は、対話と協力の精神を損ない、人間関係における緊張や不和を生み出す原因となります。

職場のミーティングで、チームメンバーが提案したアイデアを一つひとつ否定する上司がいると、チーム内での意見交換が減少し、創造性や生産性の低下を招くことがあります。

プライベートでは、家族や友人がアイデアや計画を提案した際にそれを即座に否定する人がいると、その人との関係が疎遠になり、信頼や親密さが損なわれることがあります。

他人の意見を常に否定する態度は、コミュニケーションの効果を損ない、人間関係において不信感や不満を引き起こす要因となります。

協調性を欠く批判家。

【5位】人を見て態度を変える

イライラ度

人を見て態度を変える人は、イライラさせる人の特徴として5位にランクイン。一貫性のない行動として他人のイライラを引き起こします。

職場での例として、ある従業員が上司には常に優しく接する一方で、同僚や部下には冷たく当たる場合、このような態度は職場の雰囲気を悪化させ、信頼関係の崩壊につながります。

プライベートでは、友人グループ内で特定の人にだけ親しく振る舞い、他の人には無関心であると、人間関係における緊張や孤立を生じさせることがあります。

人を見て態度を変える行動は、他人に対する一貫性の欠如を示し、それによって信頼性が損なわれ、人間関係における行き違いや摩擦の原因となるでしょう。

場面によって態度を変える二面性。

【6位】空気が読めない

イライラ度

空気が読めないという特徴は、イライラさせる人の特徴の中で6位にランクイン。コミュニケーションの場において他人のストレスを引き起こす要因になります。

社会心理学の研究では、状況の認識や共感の能力が低いと人間関係に影響を与えるとされています。適切な場の雰囲気を読む能力は、スムーズな対人関係において重要な要素です。

職場では、重要なミーティング中に不適切な冗談を言う人や、集中を要する時に大声で話す人は、他のメンバーの集中を妨げ、職場の生産性に影響を及ぼします。

プライベートでは、友人や家族の重要な話をしている最中に、関係のない話題を持ち出すことが挙げられます。これは周囲の感情を無視した行動と見なされ、人間関係にひびを入れてしまうことも。

空気が読めない行動は、共感の欠如や場の雰囲気への鈍感さが原因で、人間関係における不快感や摩擦を引き起こすことが多いです。

共感性に欠ける、場の雰囲気を読めない人。

【7位】決断力が無い

イライラ度

決断力が無い人は、イライラさせる人の特徴として7位に位置づけられ、とくに職場やプライベートでの意思決定の場面で他人のイライラを引き起こす行動です。

心理学や組織行動学の研究では、決断力の欠如がプロジェクトの遅延や効率性の低下を引き起こす要因として指摘されています。

職場において、プロジェクトのリーダーが重要な意思決定を先延ばしにすると、チームの進捗に影響を及ぼし、メンバーのストレスと不満を増大させます。

プライベートでは、友人同士の集まりの計画をする際に、一人が何度も場所や日時の決定を遅らせると、他のメンバーの間でイライラが生じ、計画自体が流れてしまうことがあります。

決断力が無い行動は、特にチームやグループ内での活動において効率性や進捗を妨げ、結果として人間関係における緊張や不満を生じさせる要因となります。

迷いがちで先延ばしする人。

【8位】過去の自慢話が多い

イライラ度

過去の自慢話が多い人は、イライラさせる人の特徴として8位にランクイン。他人の関心を引こうとする行動として一定のイライラを引き起こします。

コミュニケーションの専門家や心理学者は、自慢話が多い人は他人の興味や感情を考慮せず、1位にランクインした自己中心的な行動をとる傾向があると指摘されています。

職場での例として、ある従業員が頻繁に自分の過去の成功体験や成果を自慢すると、同僚や部下からの反発や疎外感を引き起こす可能性があります。

プライベートでは、友人間の会話で常に自分の昔の話を繰り返す人がいると、周囲の人々は興味を失い、関係が希薄になることもあるでしょう。

過去の自慢話が多い行動は、他人との関係において自己中心的な姿勢を示し、コミュニケーションの中での信頼や共感を損なう原因となります。

自分の過去に囚われる人。

【9位】極度のネガティブ思考

イライラ度

極度のネガティブ思考は、イライラさせる人の特徴として9位に位置し、周囲の気持ちを沈めることでイライラを引き起こす傾向があります。

心理学的にネガティブ思考が持つ影響は広く認識されています。極度のネガティブ思考は、集団内のモチベーションやポジティブな雰囲気を低下させ、ストレスや不満の源となります。

職場において、常に否定的な意見ばかりを述べる同僚がいると、チームの士気が下がり、プロジェクトの進行にも悪影響を及ぼすことがあります。

プライベートでは、友人が連続してネガティブな発言をすることで、楽しいはずの集まりが暗い雰囲気になり、人間関係に亀裂が入ることもあるでしょう。

極度のネガティブ思考は、集団の雰囲気を悪化させ、関わる人々にストレスを与える要因となるため、注意が必要です。

常に悪い方向へ考える態度。

【10位】話にオチがない

イライラ度

話にオチがない人は、イライラさせる人の特徴として10位にランクイン。話題に結論がなく、聞き手は無駄に時間を奪われたと感じます。

「話にオチがない」という表現は、物語や冗談、話の終わりに期待される面白いポイントや意外な結末(オチ)がない場合に使われる言葉です。

コミュニケーションの効果性に関する研究では、話にオチや明確な結論がないと、聞き手は満足感を得にくいでしょう。これは、対話における明確な目的や結果が重要であることを示唆しています。

職場での例として、会議やプレゼンテーションで話が長引き、結論が曖昧であると、参加者の注意が散漫になり、重要な情報が見落とされる可能性があります。

プライベートでは、友人や家族との会話で話が途中で終わる、またはポイントが不明確な場合、聞き手は興味を失い、コミュニケーションが深まらないことがあります。

このような話は、聞き手が期待する満足感や驚き、笑いを提供しないため、つまらないと感じさせ、結果として他人をイライラさせる原因となるでしょう。

要点を見失う話し手。

イライラさせる人への上手な対処法

リラックスした女性

イライラさせる人の特徴を理解した後、次に重要なのは、厄介な彼らとの上手な付き合い方を学ぶこと。

日常生活や職場で避けられないイライラの源に対処する方法は、あなたの心の平穏を保ち、より良い人間関係を築くために不可欠です。

そんなイライラさせる人と上手に付き合うための対策として、次のような対処法があります。これらの方法を実践して、イライラさせる人に振り回されない人間関係を維持してくださいね!

イライラさせる人への上手な対処法
  • 深呼吸をする
  • 距離を置く
  • 期待をしない
  • 真に受けない
  • NOとはっきり伝える

深呼吸をする

深呼吸は、心理学やストレス管理の研究では、深呼吸がリラクゼーションを促し、緊張を和らげる効果があるとされています。

たとえば、職場で急な批判や非難に直面した際、深呼吸をすることで怒りや不安を落ち着かせ、冷静に対処できます。

また、家庭内での衝突時に深呼吸をすることで、感情的な反応を抑え、落ち着いて問題解決に取り組むことが可能です。

深呼吸の方法は、以下のように行います。

STEP
リラックスした姿勢をとる

椅子に座るか、立っている場合は足を肩幅に開き、リラックスします。

STEP
ゆっくりと鼻から息を吸う

鼻からゆっくりと深く息を吸い込み、お腹が膨らむのを感じます。

STEP
息を数秒間止める

息を吸い込んだ後、3~5秒間程度、息を静かに止めます。

STEP
口からゆっくりと息を吐き出す

息をゆっくりと口から吐き出し、同時にお腹が凹むのを感じます。

STEP
このサイクルを数回繰り返す

この呼吸法を数回繰り返し、心が落ち着くまで実行します。

STEP
集中する

深呼吸をする間、呼吸に意識を集中し、他のことを考えないようにします。

この深呼吸の方法を実践することで、心身のリラクゼーションを促し、ストレスを軽減できます。

深呼吸は、即座にストレスレベルを下げる簡単かつ効果的な方法であり、イライラ感を軽減するのに役立つでしょう。

感情をコントロールして冷静に対処しよう。

距離を置く

距離を置く行動は、心理学やストレス管理の分野では、感情的な衝突やストレスの原因となる人から距離を置くことで、心の健康を保護できるとされています。

職場での例として、イライラさせる同僚から適度な距離を保つことで、日々のストレスを軽減し、仕事の集中力を高めることができます。

プライベートでは、家族や友人の中で問題を引き起こす人と距離を置くことにより、感情的な疲弊を避け、健康な人間関係を維持することが可能です。

感情的な衝突やストレスの源となる人から適度に距離を置くことは、自身の精神的健康を守り、より健全な人間関係を築くための効果的な方法です。

感情的な衝突を避けよう。

真に受けない

「真に受けない」という対処法は、心理学の分野では、他人の否定的な言動を過度に真に受けないことが、ストレスの軽減や精神的な健康維持に役立つとされています。

職場で、ある同僚の批判的なコメントを深刻に捉えずに流すことで、仕事のストレスを低減することが可能です。

また、プライベートで、友人や家族からの過度な期待や批評を軽く受け流すことで、個人的な関係の調和を保つことができます。

イラっとする相手の発言に真に受けないは、他人の言動に振り回されることなく、精神的な平穏を保つための有効な手段になるでしょう。

他人の言動を深刻に捉えすぎない。

期待をしない

「期待をしない」という対処法は、心理学の分野では、過度な期待は失望やストレスの原因になるとされています。他人に対する期待を抑えることで、感情的な反応を減らし、ストレスを軽減できます。

職場での例として、上司や同僚に対して完璧な仕事を期待しすぎると、小さな失敗も大きなイライラの原因に。相手への期待を抑えることで、小さな失敗を容認し、ストレスを減らすことができます。

プライベートでは、友人や家族に対しても同様の効果が見られ、過度な期待をせずに関係を築くことで、日々のストレスを軽減できます。

他人に対する期待をコントロールすることは、イライラを引き起こす原因を減らし、より穏やかな心理状態を維持するのに役立つでしょう。

期待を抑えて心の平穏を保つ。

NOとはっきり伝える

NOとはっきり伝えることは、明確な境界線を設けることが、健康な人間関係を築く上で重要です。自己主張ができる人は、ストレスをより効果的に管理し、満足度の高い人間関係を持つことができます。

職場で過度な要求や不適切な行動に直面した際、はっきりと「NO」と伝えることで、自身の限界を守り、自尊心を保つことができます。

プライベートにおいても、友人や家族からの不合理な要求に対して明確に断ることで、自分の時間や価値観を尊重することが可能です。

NOとはっきり伝えることは、自分の感情やニーズを適切に表現する上で重要ですが、相手を尊重する態度を保つことも大切です。

とくに仕事では、断る際に理由を説明して、可能であれば代替案を提案すると、より円滑なコミュニケーションが図れるでしょう。

自己主張を明確にする。

イライラさせる人に感情的にならない

モヤモヤする女性

イライラさせる人に対処する上で、とくに重要なのは、感情的にならずに冷静さを保つこと。

感情的にならないことは、ストレスレベルの低減や対人関係の改善に役立ちます。冷静さを保つことで、より理性的な判断が可能になり、対立をエスカレートさせることを避けられるでしょう。

感情的にならないためのアクションプランとして、次のような方法を身につけてください。

  • 深呼吸して冷静さを取り戻す
  • 問題の状況を客観的に分析する
  • 自分の感情を把握し、相手に適切な方法で伝える

イライラさせる人との関係をより健康的で、生産的なものに変えることができます。

また、イライラさせる人に対処する上でおすすめの本、「感情的にならない気持ちの整理術」があります。この本は感情的な反応を抑え、心を穏やかに保つための具体的な方法が紹介されています。

日常生活や職場でのストレスマネジメントに役立つ内容が盛りだくさんで、読者からの評価も高いです。この本を読むことで、感情のコントロール方法を学ぶことができるでしょう。

北野武監督のヤクザ作品「アウトレイジ」では、感情的な人間が死んでいき、冷静な人間は生き残っていました。この作品には、どの時代も感情的になる人は損するという学びを教えてくれます。

著者:和田 秀樹
¥1,430 (2024/06/08 14:48時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

イライラさせる人と付き合う際の注意点

注意喚起する女性

イライラさせる人との付き合い方において重要なのは、その関わり方に注意を払うことです。どのようにしてこれらの人々と健全な関係を維持し、また自己を守るか考えます。

人間関係におけるストレスは、心身の健康に影響を及ぼします。イライラさせる人と付き合う際には、次の5点に注意してくださいね。

自己主張を伝える自分の感じていることや必要なことをはっきりと伝える。「この仕事は期限内に終わらないと思う」や「今は少し静かにしてほしい」といった具体的な表現を使う。
共感を忘れない相手の行動や言葉に対して、その背景や感情を理解しようとする姿勢が大切。「そう感じたんだね」と相手の気持ちを認めよう。
境界線を設ける自分にとって不快な行動や言葉に対して、はっきりとした限界を設定しよう。「その話題は避けてほしい」と言うなど、自分の受け入れがたい範囲を相手に知らせる。
ポジティブな関係を築く手の良い面や成果を見つけて評価しよう。「あなたのそのアイデアは良いと思う」とポジティブなフィードバックをすることで、良好な関係を築く助けになる。
感情的にならない感情的になる前に、一度深呼吸をして心を落ち着くこと。怒りや悲しみに支配される前に、状況を客観的に見るために時間を確保しよう。

これらを心掛けることで、イライラさせる人との関わりにおいても、より健康的でバランスの取れた関係を築くことができるでしょう。

イライラしても「あの人は宇宙人だから」と気にしない

リラックスした女性

イライラさせる人は、私たちの日常生活や職場における人間関係を大きく左右するもの。イライラさせる人に干渉すると、しばしば感情的な衝突やストレスの原因となり得ます。

イライラさせる人の特徴として、一般的には以下のような点がありました。

  • 自己中心的である
  • 上から目線で接する
  • 意見を常に否定する

これらを含んだ10つの特徴に対して適切な対処法を身につけることで、より快適な人間関係を築いていけるでしょう。

しかし、職場や友人の人間関係に悩んでいて、すぐに解決できそうにない場合、コミュニケーションの専門家によるアドバイスが役立ちます。

たとえば、

などの話し方教室では、無料相談が実施されています。人間関係の悩みに対して、コミュニケーションの専門家に相談してアドバイスをもらえます。

そのほかの話し方教室でも、以下の記事内で紹介しているスクールなら、無料相談にお申込み可能です。当記事に掲載されているホームページのURLから申し込んで、ぜひ活用してみてくださいね。

他人を変えることは難しいです。だからこそ、自分の感情のコントロールに焦点を当ててください。

イライラさせる人に対する適切な対処法を身につけることで、より快適な人間関係をより良いものに変えていくことができるでしょう!

ぼくの対処法は、イライラさせる人に会っても「あの人は宇宙人だから分かり合えなくて当然だ」と割り切っています。

  • URLをコピーしました!
目次